ネットの海の漂流者

インターネット上で話題になっている問題を検証しています。

*

(軽度)発達障害への配慮という観点

   

-日本の素敵な給湯室フェミニズム? – Togetter
これについては
+フェミニズム的もしくは男女論的にどうであるかは別として、(軽度)発達障害への配慮という観点を中心に考えると高橋氏の当初の発言には妥当性がある
+部長の比喩に対する高橋氏の抗議にには正当性がある。
という印象を受けた
*発達障害への配慮

NaokiTakahashi女性からの、解答を求めてない(共感・相槌だけを求めてる)会話って、(少なくとも一部の)男性にはすげーストレスなんですが。問題文だけ読み上げて解答は説明しない学校の授業みたいな。あるいはオチがない漫才か。お金もらいたいレベル。link

これなんかは「一部の男性」の代表例を言語優位アスペルガー症候群をはじめとする、ある種の発達障害の人たちと考えると分かりやすい。
そういう人達が抽象的なコミュニケーションから受けるストレスの例については梨木香歩さんのエッセイ『春になったら苺を摘みに』に収録された海外滞在先の大家さんと著者の会話なんかは典型的だなと思う。
>>
――昨日、ある集まりがあって、司会者に、じゃあ、ちょっと前に出てみてください、といわれたんでどんどん前に行って、その人の顔のすぐ目の前まで行ったんだ。そしたらみんな笑うんだよ。ジョークだと思ってるんだ。ところが僕ときたらなぜ笑われているのかわからないんだ。その人が驚いた顔をして、ハローというので、何か不都合なことをしたんだ、って分かったんだ。
――そうか、どこまで前へ出てください、って相手は言ってないんだものね。どこからどこまでが、彼の考える妥当な「前」なのか、範囲を指定してなかったのだものね。普通は「彼」の前でなく、ぎりぎり「聴衆全体」の前ぐらいでいいのかもしれない。でも相手の目の真ん前だって、前には違いないんだもの。行ってないことを察するのは難しいね。
――そうなんだよ、難しいんだ、化学の論文なんかよりずっと。
――ああ、化学の論文のほうがそれは、遥かに論理的合理的だものね、でも私にはそっちがずっと難しい。
――僕たち、足して二で割れないもんだろうか。
――そうだねえ、全ての人間を足してその数で割ったら、みんな分かり合えるようになるかなあ。
――うーん、でもそれもどうかなあ。
――分かり合えない、っていうのは案外大事なことかもしれないねえ。
――うーん……。この間、不動産屋がアラブからきたばかりの人たち連れてきただろう、君、初めてだったんじゃないか。
 私が帰国した後の家を、賃家と売り家の両方で出していたので、様々な不動産屋が様々な国の人々を連れて見学に来ていた。その中に彼の言う人たちもいた。
――いや、初めてではなかったけど。
――そう。彼らのことをわからないと言う人がいるけど、自分の論理を押し付けてくるという点では、僕にはみんな同じだな。
――………。

<< こういう人たちの中には共感コミュニケーションは難しいと感じる人も多いし、なんとか対応できるけど全身全霊を込めて全力で取り組む必要があり、毎回へとへとになってしまうという人もいる。 また、男性におけるある種の発達障害の発生率は女性の数倍に達することから共感コミュニケーションが通じる割合には男女差がある可能性も否定できない。 男女50人ずつ集めて共感コミュニケーションのテストをした場合、ある種の発達障害の発生率の違いから、下位集団の男女比が偏る可能性はあるだろう。 -女性→女性の場合、大抵の人に通じる -女性→男性の場合、通じる人には通じるが一部の人に致命的に通じない ということは十分に考えられる。 アスペルガー症候群等の高機能自閉症の人の中には、無理して頑張って周囲に合わせたコミュニケーションを取ろうとし続けた結果、過剰適応を起こしてしまい、鬱病等になりドロップアウトすることがしばしばある。 共感コミュニケーションにおける配慮の有無というのは人一人の人生を左右しかねない大問題であると言える。**発達障害は脳の器質的問題である さて、発達障害というものを視野に入れた上で以下の発言を読むと大変問題が多いように感じる。

hibari_to_soraぎゃはは! ナニコレ? マジもんか。イケメンでも給湯室で火だるまになるタイプ。ダメだなー、さっそくTwitterのフェミトークで刺されてるよw 当たり前だよ(笑) https://t.co/2jb6swZQlink

はたしてこのフェミトークが刺しているのは一体なんなのだろうか?
共感コミュニケーションに対する疲れの表明というのは後天的な問題ではなく、発達障害という先天的な脳の器質問題に原因がある可能性がある。
先天的な問題についての攻撃というのは言ってみれば「下半身が不自由な人の歩き方を馬鹿にする」「吃音障害の人の話し方を真似して笑いものにする」といった行為と同じようなことをやっているんであって、あまりいい趣味とは言えない。
「共感を求める会話への疲れの表明」や「コミュニケーションストレスに対する配慮を求める声」が含まれる発言への批判というのはかなり慎重に行う必要があるように思える。
そこに対する配慮を欠いた時、給湯室で火だるまというのはただの暴力と化してしまう危険性があるわけだ。

*部長の比喩に対する高橋氏の抗議にには正当性がある
一年くらい前、ソラノート事件という騒動があった。
その中で加害者の男性が被害者の女性に対して「オバサン」と揶揄し、被害者が怒りを表明したという出来事があった。
この時のはてなブックマークには被害者の怒りが正当なものである、という意見が相当数存在した。
しかし今回の高橋氏の親父呼ばわり、権力者呼ばわりに対する怒りの表明には賛同する人があまりいなかったことに僕は違和感を覚えた。

NTakahashiSPそれを言うなら、まだ36歳! の、役職なんぞもっとらんフリーのシナリオライター捕まえて保守親父、部長、呼ばわりしたことにも詫び入れてもらおうかい。link

僕が見る限りはてな界隈では揶揄や蔑称に対する抗議には正当性を認めることが多かったのだが、今回そういった声が小さいのは何故なのだろうか?
*まとめ
高橋氏の言うところの(共感・相槌だけを求めてる)会話で(一部の人に)生じるストレスというのは、発達障害への配慮という観点から見るとかなり真っ当な意見である。
論理的に正しいかは別として、自分に対する不適切な揶揄や蔑称についての抗議の部分には正当性を認める必要があるのではないか?

 - ネット, 社会, 雑記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ナビゲーション機能を中心とした
鉄板の広告位置の罠

-大手ブログが軒並み採用する鉄板の広告位置について考える(gamella) – BLOGOS(ブロゴス)
という記事について思ったこと。
僕は専門家ではなく独学でこの辺勉強している人なので、間違いがあるかもしれませんが、とりあえずアウトプットしてみます。
スクリーンショットにGoogleのロゴが写ってますけど、確かそれってGoogleブランドの使用許諾申請必要だった気がする。その辺クリア済なのかなという疑問が最初に浮かんだんですけど、それはさておき。
**大手サイトの真似をしてみようという発想は危険
まず基本的な知識として、この手のクリック保証系の広告は企業向けアカウントと一般向けアカウントで規約が違ったり、プレミアムアカウントでは許されることが、一般アカウントでは許されなかったりします。
大手サイトがやってることの中にはプレミアムアカウント限定で認められているテクニックが含まれているので、むやみに真似ると規約違反でアウトになる恐れがあります。
つまり、大手ブログを参考にしようという発想自体が罠なんですね。
これをやると知らないうちに規約違反を犯してしまう可能性があります。
**記事下広告(レクタングル(大))
超鉄板。無料のブログサービスで運営側が確保するのは基本的にここ。
一般的なブログならここが一番収益高いという場合が多いと思います。
メインコンテンツを最後まで読み終わった直後に表示されるのがキーポイント。
利点としては、コンテンツを読み終わった後に関連性が高いページが表示されていればクリックする人が多いこと。
欠点は最後まで読まなかった人には表示されないこと。長文過ぎたり、難しすぎたり、読んでいて悲しくなっちゃうような記事だと途中でギブアップする人が増え、記事下広告を見る人が減ります。
対策は記事を細かく分割することで記事下広告が目に入る機会を増やすこと。
(ただしこの方法は読者の利便性を損なうため嫌われる事が多いようです。
**記事本文より上の広告
ここは配置のテクニックで効果が何倍にも変わってくる位置。
適当に貼っただけだと「広告にコンテンツ力で負け、記事をまだ読んでない人が他所に行ってしまったケース」が収益の中心になる、というちょっと残念な位置。
ただしちゃんと考えて配置すれば、それなりに効果が出てきます。
たとえば、ここに広告を効果的に配置するための発想の一つに画面中央にナビゲーション機能を集中設置し、その周辺に広告を配置というものがあります。
(注:ここでいうナビゲーション機能というのは他のページへ移動するためのリンクをまとめたようなものです)

これは「ページのTOPへ戻るボタン」とセットで使います。
このボタンは読者のページスクロールを追尾するものを選びます
(PC版のこのブログの左側に設置されている follow me ボタンと同じ機能)
***期待している動き
1.まず、読者がブログに訪れます。そして画面の真ん中の目立つ所に相互RSSやら、人気記事があることを認識します。
2.その人は読みたい記事があるからブログにアクセスしてきたわけですから、ナビゲーションや広告をすっ飛ばして目的の記事を読みます。
(しかしナビゲーションの内容は無意識のうちに目に入ります)
3.そして記事を読み終わった後、ページトップのナビゲーションに気になっていた記事があったことを思い出します。
4.「ページのTOPへ戻るボタン」をクリック。
5.ナビゲーションの中から興味がある記事を探します。
6.ナビゲーション目的でページトップへ帰ってきた人は、どこかクリックする気まんまん。そして周囲に配置した広告群が、その人達の視野に入る。
こういう流れを想定しているわけです。
その手のギミックの有無によってページ上部の広告の収益は大きく変わってきます。
ただしこの辺を弄る時には、クリック保証広告は他のリンクから充分に離さなければ規約違反になる可能性があることを考慮する必要があります。
***タイトルロゴ横ビッグバナーの罠
タイトル横の広告で大事なことは、実はここにadsenseを設置しているブログは非常に少ない、ということです。
これはなぜかというと、素人がやるとadsenseの規約的に危険だからですね。
昔はやったテクニックに「adsenseブースター」というものがあります。
これは広告の側に画像を配置することでクリック率を上げようというテクニックですが、効果がありすぎて現在では禁止されています。
-Ad and image placement: a policy clarification – Inside AdSense
タイトル画像との組み合わせが、adsenseブースターと解釈されると一発レッドカードまであるので、規約をちゃんと把握している人以外はここにadsenseを張るのはやめたほうが良いと思います。
他にも色々めんどくさい事情があるので、知り合いがタイトルロゴの横にadsenseを張ろうとしたら、とりあえず僕は止めることにしています。
**サイドバー
僕の場合、ワイドスカイレッパーをレクタングル大に変えると大抵収益が上がります。
また、きわどいポーズのフィギュアがずらっと並んでいたり、水着の女の子の写真がずらっと並んでいるamazon広告について。
これはadsenseとの二択。
両立している人は基本的にプレミアムアカウントですね。
「adsense 水着 警告」でググッてみてもそれでもやるなら止めません。
一般向けのadsenseでR15位の画像が並んでいると警告メールが飛んで来る恐れがあります。
(一枚二枚ならOKの場合が多い)
**まとめ
広告配置を決める時には規約を確認しないとエラい目にはうことがあります。
昔はOK だったテクニックが現在では禁止されていることもあります。
最新の規約を参照しないと危ないです。

島根県出身の選手は今年の夏誰も甲子園に出ていないということでよろしいのだろうか?

**甲子園出場高の県外選手
-甲子園出場校の県外人数ランキングできたで~ « なんJ « 日刊やきう速報@なんJ
というのが話題になっていた。
週刊朝日増刊 甲子園2012 2012年 8/15号 [amazon]のデータを元に、夏の甲子園出場校のベンチ入り選手における県外人の数をランク付けするという内容のもので、なかなか面白いなと思って見ていた。
(この2chまとめはレスの関係を重視した編集が施されていて、投稿が時系列になっていないため、県外人数が多い順に掲載されていないので注意が必要。また、某県の数字が記載されてない!)

**並び替えてみると
僕には表計算ソフトを立ち上げて、データを打ち込みながらウェブ閲覧をするという癖があって、今回も、このランキングを並び替えると出身都道府県別のランキングが出来るんじゃないかと思い、別ディスプレイでエクセルを立ち上げ、都道府県別データを集計しながらまとめを読んでいた。
その結果が完成したのが以下の表である。(クリックで画像拡大)

|*出身地域|*合計ベンチ入り選手数|*地元出場選手数|*選手輸出数|
|大阪府|88|10|78|
|兵庫県|50|18|32|
|神奈川県|45|16|29|
|北海道|35|34|1|
|東京都|34|20|14|
|三重県|24|18|6|
|静岡県|23|18|5|
|岡山県|22|18|4|
|福岡県|22|15|7|
|岐阜県|21|18|3|
|栃木県|20|18|2|
|新潟県|20|17|3|
|広島県|20|18|2|
|秋田県|19|18|1|
|群馬県|19|18|1|
|埼玉県|19|9|10|
|徳島県|19|18|1|
|佐賀県|19|18|1|
|沖縄県|19|18|1|
|富山県|18|18|0|
|和歌山県|18|13|5|
|長崎県|18|18|0|
|熊本県|18|18|0|
|大分県|18|18|0|
|宮崎県|18|18|0|
|滋賀県|17|15|2|
|愛媛県|17|16|1|
|山形県|16|16|0|
|千葉県|16|13|3|
|石川県|15|14|1|
|長野県|15|15|0|
|宮城県|14|10|4|
|茨城県|14|10|4|
|愛知県|13|12|1|
|山口県|13|12|1|
|鹿児島県|13|12|1|
|福島県|12|9|3|
|岩手県|11|9|2|
|京都府|11|7|4|
|鳥取県|10|5|5|
|奈良県|8|6|2|
|福井県|6|6|0|
|青森県|5|4|1|
|山梨県|5|5|0|
|高知県|3|3|0|
|香川県|2|0|2|
|島根県|0|0|0|
|*計|*882|*639|*243|
ぱっと見た感じでは、出場枠が一枠しか無い大都市圏の選手が、厳しい予選を避けて越境しているように見える。出場枠が二つある東京や北海道より、大阪・兵庫・神奈川の選手のほうが多くベンチ入りしている。
大都市圏が地元選手に全国大会経験を積ませたい場合は、「出場枠を増やすより、枠を減らして、「越境した方が確率が上がる」環境を作るほうが多くの選手が出場できる、というのは、一般例なのだろうか?それともたまたま今回だけこのような結果が出ただけなのだろうか?
あと、元データの誤植が存在する可能性とか、僕の集計ミスがある可能性が否定でないないので、確信を持てないのだが、島根県の代表校立正大淞南はベンチ入り全員が県外勢で、島根から越境した選手は他の出場校でベンチ入りしていないため、今年の夏、島根出身の選手は誰も甲子園に出場していない、という事でよろしいのだろうか?
(以前、とある選挙において、地元の人の当選はゼロであったと書いたら、それは元データの誤植であった、ということがあったので、不安が残るのだ)

イケダハヤトrss
イケダハヤトさんに言及されたけど、流入pv200以下だったという話については

あと余談になるがイケダ氏のブログに私のブログがリンクされたことがるが、流入アクセス数が「200未満」で、あまりにも少なくて驚いた。ブログの影響力を測定するにはいろいろな数値がある。1つはPV、そしてもう1つは記事・エントリーでリンクしたサイトにどれだけアクセスを送りこめるか… が重要だ。これについてはまた機会がある時に説明したい。

「『月20万稼げるブログ」を運営する上で気をつけている5つのこと』」は間違いだらけ – Hagex-day.info

イケダハヤトさんに言及されたけど、流入pv200以下だったという話については、そんなもんじゃないかなぁと思う。言及元のデータを元に大雑把に計算してみよう。

今では月間約20万PVを、検索経由で獲得しています。

検索経由のトラフィックは、現在サイトトラフィック全体の43%ほどとなっています。ざっくりいえば、収益の約4割は過去記事が生み出しているということです。検索エンジンで読まれる記事を書けば書くほど、サイトの収益性は座布団を重ねるように増加・安定していきます。

「月20万稼げるブログ」を運営する上で気をつけている5つのこと | ihayato.news

1. 過去記事のアクセスが約4割で約20万pvという話ならば、新しい記事のpvは約30万位となる。
(しかし実際はtwitetr等で過去記事へ言及されるケースもあるし、検索数には新着記事も含まれるだろうから、検索数≒過去記事のトラフィックというのは極めてざっくりした把握だが)
2. Google Readerによると、イケダハヤトさんは現在週間41,3回のペースでブログを更新しているようだ。
(一日あたり約6記事 一ヶ月180記事弱のペース)

3. 30万pv ÷ 180記事 = 一記事あたり平均 1700弱pv
4. 記事を読んだ人の一割位の人がリンクをクリックしたとしたら流入アクセスは平均して170前後となる。
(ちなみに僕の経験上、炎上案件等の読者が言及元に強く興味を持つリンクの場合クリック率30%くらいになることがある一方。その辺の広告とかだと0.1%とかである)

実際の所、各記事のpvは一定ではなく、極一部の人気記事が何万アクセスも稼いでいる状況であろうから、中央値は恐らくもっと下であろう。
となると、”イケダ氏のブログに私のブログがリンクされたことがるが、流入アクセス数が「200未満」で、あまりにも少なくて驚いた。”というhagexさんの話については、「イケダさんの平均pvから予想される言及された時の期待値としてはそんなものじゃない?」
という答えになる。
ちなみにHagexさん曰く、

全体のアクセス量の43%が検索エンジンからというのは、「ファン型コンテンツ」として大失敗している証拠だ。ちなみに私の日記はイケダ氏の約6倍ぐらいのアクセスがあるが、9割が再訪問者だ。

「『月20万稼げるブログ」を運営する上で気をつけている5つのこと』」は間違いだらけ – Hagex-day.info

とのことだが、Hagexさんの更新数は週間67で、イケダさんの1.5倍位ある。

**ブログのpvの話については
人気ブログのpvについては、それを何記事で達成しているのか、どこからの流入で達成しているか、ということをチェックすると色々面白いことが見えてくる。
ホームラン級の記事を量産する人もいれば、ヒットをコツコツ積み重ねる人もいる。普段は三振ばかりだが時々さよなら逆転満塁ホームランを打つ人もいる。
とりあえず、僕は月間3桁更新できる人じゃないので、イケダさんタイプのブログを運営することは無理そうだ。

no image
わかるけどわかるわけにはいかない

文章力とは、この世を生きる力であるという記事が話題になっていた。
「誰も教えてくれない人を動かす文章術」という本の紹介なのだが、この記事の内容はこれは一つの真実だろう。

一般論や正論は、書き手側は気持ちよいのですが、読む側は「そんなの当たり前」と感じてしまうのです。

文章力とは、この世を生きる力である

極論やレアケースは非常に印象に残るし、当事者の経験談は非常に参考になる。
多くの人が読んでくれる文章とはこうしたものだ。
僕も書評や感想文を読むときにはそういう文章を好む。

世に知られている事件は大抵レアケース

人がセンセーショナルな話題を好むというのは、文章以外でも当てはまる。
メディアで放送され、話題になっている事件というのは大抵印象的なレアケースだ。
例えば、自殺問題。
日本ではここ最近年間三万人以上自殺者が出ているが、その内報道されているのはどれくらいだろうか?
毎日新聞電子版で「自殺」をキーに見出し検索してみたところ、HITした件数は以下のとおりだった。

|*2007|407|
|*2006|384|
|*2005|255|
|*2004|197|
|*2003|197|
|*2002|275|
|*2001|216|
|*2000|278|
|*1999|266|
|*1998|266|
|*1998|352|
|*1997|201|
|*1996|266|
|*1995|210|
|*1994|239|
|*1993|98|
|*1992|105|
|*1991|150|

数字に自殺未遂事件が含まれること、個別の事件ではなく自殺問題そのものを扱った記事があること、重大事件は何度も報道されることを考えると、毎日新聞で報道された自殺者は全体の1%以下に過ぎない。
新聞を一つしか読まない人の場合、99%以上の自殺者のことを知らないまま、自殺問題のイメージを固めてしまいがちだ。
しかも報道された事件は「すべての自殺者からランダム」に選ばれたものではなく、ニュースバリューという価値によって選別されたものであり、大抵の場合、一般的なケースとは異なる要素を持っているのだ。
サンプルとしての偏りが非常に大きい。
これらの事件を元に一般的な自殺問題を考えると、間違った結論を下す可能性が非常に高いのではないだろうか。

これは他のニュースにも言えるし、ネットの噂話のたぐいでもいえる。
大抵の読者は当たり前のことなど求めてなく、レアケースを好む。
結果、極端な例ばかりが話題にのぼることになる。
このことを考慮し忘れると、偏った判断をしてしまう。

社会問題を論じるときには

ネット上である特定の事件が話題になっているとき、「それはレアケースの可能性がある」と指摘することには意味があると僕は考える。
多くの人が関心を寄せるセンセーショナルな問題は、特殊事例である可能性が高く、特殊事例を元に下された判断は「一般的な」当事者にとって無茶な要求となりがちだからだ。
無茶な要求をする人が多ければ、当事者は本当に無茶なことをしかねないし、その結果命を落とすこともある。

その文章術が有効であっても、使って良い場面と行けない場面があると僕は考える。
従って僕は、たとえ人気ブログになれなかったとしても、この文章術とは逆の方法を進みたい。
そして、他の社会問題を扱うブログでもこの文章術を使わないで欲しいと思っている。

まとめ

-この文章術は有効な可能性が高い。
-だが、それで作られた文章は現実から乖離したものになりがち。
-社会問題では使わないほうが良いテクニック。
-何かの事件を元に社会問題を考えるときには、それが一般例ではなく特殊例である可能性を常に考慮したほうが良い
-少数の極端な例を元に判断を下すことは危険。

no image
ネット広告(行動ターゲッティング等)のクッキーをオフにする方法まとめ

自分用メモ(ブラウザのお気に入りからオプトアウトフォルダを公開してみる)
**楽天
(AudienceScienceとの提携)
-行動ターゲティングサービスの説明とその無効化について
から各種オプトアウトをクリック
(ちなみに、実はここでオプトアウトページのアフィリエイトリンク作れちゃうことに気がついてこっそり混ぜるか迷ったわけだが自重した)
**Adjust
-オプトアウト – AD MARKET PLACE
から広告配信用クッキーをオプトアウトする をクリック
**Advertising.com
-プライバシーポリシー | Advertising.com Japan
一番下のオプトアウトをクリック
**amazon
-Amazon.co.jp: 広告表示の設定
停止するボタンをクリック
**Fringe81
-プライバシーポリシー|Fringe81株式会社
下の方にあるオプトアウトボタンをクリックするとオプトアウト
**Google Adsense
-Ads Preferences Manager
左側のメニューからオプトアウトを選ぶ
**Kauli
Kauli – オプトアウト
**mediamind
-mediamind optout
へアクセスするとオプトアウトできる
**mediba
-mediba ad | オプトアウト
からオプトアウト
**micro ad
-オプトアウト|マイクロアド
からオプトアウトをクリック
**PLATFORM ONE
-PLATFORM ONE » ウェブサイトにおけるオプトアウト/オプトイン
からオプトアウトをクリック
**Right Media
-RightMedia optout
へアクセスするとオプトアウトできる
**tristclick
-オプトアウトについて
から広告配信用クッキーをオプトアウトするでオプトアウトすることができる
**Yahoo japan
-行動ターゲティング広告の無効化について – Yahoo! JAPAN
無効化ボタンをクリック

違法ダウンロード刑事罰化に関連してアニメの海賊版配信の話になったので

2012年10月1日、違法ダウンロード刑事罰化が施行されたことについて某所で話していたのだが、脱線してアニメの海賊版配信についての話になった。
そこで対話相手が海賊版の視聴回数がどの程度あるのかということについて理解していなかったので過去の資料を提示した。

その上で今期の作品について大手公式配信サイトであるニコニコ動画と、定期的に海賊版がアップロードされている某動画共有サービスでの再生数についてデータを示した。
**例 ソードアート・オンラインの場合



|*タイトル|再生数(ニコニコ動画公式配信)|再生数(某動画サイトの海賊版配信) |コメント数(ニコニコ)|コメント数(某動画サイト) |
|*ソードアート・オンライン #1「剣の世界」 |657587|141713|100874|23815|
|*ソードアート・オンライン #2「ビーター」 |371057|183493|65891|26229|
|*ソードアート・オンライン #3「赤鼻のトナカイ」 |329507|306127|55030|25700|
|*ソードアート・オンライン #4「黒の剣士」 |406545|402988|83694|33254|
|*ソードアート・オンライン #5「圏内事件」 |321268|438584|46968|22155|
|*ソードアート・オンライン #6「幻の復讐者」 |303257|329854|48347|17162|
|*ソードアート・オンライン #7「心の温度」|333450|422800|72306|36445|
|*ソードアート・オンライン #8「黒と白の剣舞」|395916|463890|56588|29828|
|*ソードアート・オンライン #9「青眼の悪魔」|476147|411420|58967|33883|
|*ソードアート・オンライン #10「紅の殺意」|370774|388358|86970|58390|
|*ソードアート・オンライン #11「朝露の少女」|307183|433996|61349|41798|
|*ソードアート・オンライン #12「ユイの心」|235652|414992|43785|36003|
(注)ニコニコの配信数にはニコニコ生放送数万人分を含めていない。
(注)某サイトでは海賊版が複数回アップロードされていることもあるが、今回は再生数を合算せず各話一番再生数が多いものを一つずつピックアップする形でまとめた。
(注)某サイトは字幕なしのものが中心となっているようで、「日本語に難がある人たちが世界中から字幕目的で集まっている」タイプのサイトではないと考えられる。
(ニコニコ動画ではこの番組は最新話無料その後有料となる。某動画共有サービスでは、アップロード後数日以内に削除されているため、再生数はその期間のものとなる)
要するに、人気アニメの場合、公式配信と同規模かそれ以上の規模の海賊版配信が存在しているのだ。
**なんで公式で無料配信しているものをわざわざ海賊版で見るの?
で、ここまで説明した所で彼は「ソードアート・オンラインはニコニコ動画で公式配信されている。公式で(最新話を)無料配信しているものをわざわざ海賊版で見るメリットが分からない」と首を捻ってしまった。
この辺については、色々な理由があるのだが、その中に「視聴者は現在、TVアニメを極めてソーシャルに消費しているため」というものがあると言われている。
ある種のファンの間ではアニメを視聴したあと、それを肴に仲間同士で話をすることが楽しみの一つのなっているのだが、視聴するのが遅れると旬のタイミングでその会話に参加することができない。
例えば『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』で有名な伏見つかささんの『ねこシス (amazon)』という作品の中にアニメのリアルタイム放送を見逃したキャラクタがーその悲しみを吐露するシーンがある。p255~256から該当部のセリフを引用してみよう。

>>
「――オレは、アニメはテレビ画面で、リアルタイムに観る主義だ」
<< >>
「……アニメの楽しみとは、実際に視聴する30分のみにあるのではない。むしろ放送後、ファン同士で盛り上がるところに面白さがある」
<< >>
ゆえに、『放送後の愉しみ』を最大限享受するためには、リアルタイムで視聴していることが重要になってくる。特に毎回放送するアニメでは、だ。……くっくっく……今日見逃してしまったアニメについて……オレは毎週放送日は夜更かしし、ファンサイトや掲示板を眺めて過ごすのを人生の愉しみにしていた……。放送中、実況板に書き込みをしながらはしゃぐのもだ」
<< >>
――もはやその機会は、永遠に喪われてしまった……。……これからオレは、何を生き甲斐にして過ごせばいい……仮面は何も答えてはくれぬ……」
<< TVアニメというものはある種の人たちにとって、視聴するのが遅れれば遅れるほど、そこから得られるユーザー体験が劣化してしまうナマモノの類なのだ。 ナマモノである以上、「一週遅れの公式配信」は、最速に近い形でアップロードされる「海賊版」に比べて「品質」が低くなってしまう。たとえ中身が同じであっても、だ。 公式配信を待っている人は「祭り」に乗り遅れてしまう。 また、ニコニコ動画のような場で最速からの時差が多い日程で配信した場合、コメントによってネタバレされてしまう恐れがある。作品の声質によってはネタバレされると視聴の楽しみを著しくそがれてしまう。 このあたりの事情が「公式で無料配信している番組でも同規模以上の視聴数を誇る海賊版が出てくる」原因のひとつと考えられる。この辺の、正規ユーザーより海賊版ユーザーの方が品質がいいものを享受できる問題については、ニコニコ動画の川上量生さんあたりが、ブログで時々取り上げている。

コンテンツのファンであればあるほど、当然ながら、すこしでも品質のいいものが欲しい。根本的な問題は、無料でダウンロードすると品質のいいものが手に入り、お金を払うと品質の悪いものをつかまされるというネットの現状にあるのだ。
違法コピーのほうが便利な例をいくつかあげてみよう。
・ マジコンつかってゲームソフトをダウンロードすると発売日前にゲームが遊べる。
・ 有料でダウンロードできる映画や音楽よりも、違法データのほうが画質や音質がいい。
・ ダウンロード販売で購入できる映画やアニメやゲームは過去作品のほんの一部だが、違法コピーならなんでも見つかる。
・ マジコンつかうと、1枚のメモリーカードにいくつものゲームがいれられて、カートリッジを抜き指す必要がない。
・ テレビ放送されているアニメがネットで購入できるようになるまでに放送後1週間かかる。

なぜデジタルコンテンツが売れないか?DRMがダメか – はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記

ちなみに、海外では、クレンチロールが「公式配信との開始時期を早めることで違法ダウンロードを減少させた、ということで昔話題になったことがある。

**まとめ
テレビアニメというものは、ある意味でナマモノなので、公式配信が「遅い」とより早くアップロードされる海賊版を観ることにある種のメリットが生じてしまう。
そのあたりが海賊版が公式配信と同規模かそれ以上の視聴数を誇る状況になっている原因の一つと言われている。
ちなみに僕は、このあたりの話が事実であるかどうかはを検証したいと思っていて、その事がニコニコ動画の公式配信アニメの再生数をまとめる理由となっている。
-ニコニコ動画2011秋アニメ視聴数一覧
-ニコニコ動画2012春アニメ再生数一覧
本当はこういう状況をどうすれば打破できるのか?という話まで行きたかったのだが、ここで会話相手がパンクしてしまったので今回はそこまで行けなかった。

no image
京都事件、在特会員7人は起訴猶予、朝鮮学校元校長は略式起訴

在日特権を許さない市民の会が京都朝鮮第一初級学校に押し寄せた件について新しい情報が出ていました。
-在特会幹部ら4人起訴|MBSニュース

こちらによると、組織的犯罪処罰法違反等の疑いで書類送検されていた在特会員7人について、京都地検は関与の程度が従属的だったとして起訴猶予処分にしたとのことです。

そして、朝鮮学校の元校長は略式起訴されたそうです。

こちらの記事は速報的なもので、詳細はわかりません。他紙の報道に期待したいところです。

**cf 起訴猶予とは

起訴猶予処分(きそゆうよしょぶん)とは、被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分である(刑事訴訟法248条、事件事務規程(法務省訓令)72条2項20号)。

なお、被疑事実につき犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分なときは「嫌疑不十分」の主文により、被疑事実につき被疑者がその行為者でないことが明白なとき又は犯罪の成否を認定すべき証拠がないことが明白なときは「嫌疑なし」の主文により、不起訴処分の裁定がされることになっている(事件事務規程72条2項17号18号)。

もっとも、運用上、証拠が微妙であることをも考慮した上での起訴猶予もなされていることは一部で知られており、このような場合は嫌疑不十分とすべきではないかという批判がある[要出典]。

なお、起訴猶予の場合には前科ではなく前歴として記録に残り、後に別件で起訴された場合にそれが情状証拠となる。

起訴猶予処分が「被疑事実が明白な場合」に行われることから、被疑事実がないとして不起訴処分を求めうるかが問題となる。

起訴猶予処分 – Wikipedia

no image
「外部電源喪失 地震が原因」について、その1

-外部電源喪失 地震が原因/吉井議員追及に保安院認める
という記事が話題になっていました。
この記事の元になった経済産業委員会の質問がどの様な趣旨であったかというと、4月13日に東京電力の清水社長が「(福島第一原発の)事故の原因はあくまで未曾有の大津波でだった」と発言したが、外部電源が喪失したのは地震によるものであり、炉心溶融は津波の被害と地震の被害の複合要因により全電源喪失状態になったのが原因だ、という趣旨のものでした。

以下該当部分を要約します。
詳しいことを知りたい方は、衆議院のインターネット中継からアーカイブを参照してください。
議事録は一週間ほどでネット上に公開されますのでそちらをチェックするのもよいでしょう。

>>
吉井委員「4月13日に東京電力の清水社長が事故の原因はあくまで未曾有の大津波でだったと発信しています。日経ビジネスの一番新しいのにもそのことは紹介されていますが、そこで伺っておきたいのは仮に津波で内部電源が失われたとしても、外部電源が生きていれば事故はもともと起きなかったんです。炉心溶融までは行ってないんです機器冷却器が働きますから、ところが夜の森線第27号の鉄塔が一機倒壊して全交流電源喪失、炉心溶融という事態に至ったものなんです
この鉄塔というのは津波の及んでいない場所にあったと思うんですがどうですか?」

保安院寺坂「夜の森線そのものに関しては津波の及んでいない地域のもの。鉄塔は(福島)第一発電所の五号機六号機に関する受電関係の鉄塔と理解してございます。」

吉井委員「五号機六号機の外部電源なんですが、同時に内部で融通しあうことになっているので、1号機から4号機については発電所内の受電設備の損傷などで受電できなくなったんですね。それは地震によるものだと報告がありました。
そもそも清水社長は未曽有の大津波で炉心溶融まで至ったかのように言っているがそれだけではない、津波で仮に内部電源が破壊されても ――これは東京電力提供の航空写真で見てもはっきりしていますが鉄塔倒壊場所は津波とはぜんぜん違う場所なんです。つまり地震で倒壊したんですよ―― その為に外部電源が取れなくなって炉心溶融になったんです。もちろん外部電源がダメでも内部電源が行けたら大丈夫なんですけどね。
ですからそういう問題だということをきちんととらえていくことが大事だと思うんですが、大臣にも確認しておきたいんですが、この鉄塔は地震によって壊れたものであって、内部電源が仮に津波でやられたとしても、地震で鉄塔が倒れるようなことがなく、きちんと耐震構造でやられていたならば、外部電源が失われ、炉心溶融という今日のような事態にはならなかったと、この事は大臣も考えられますね」

<<この吉井議員の質問が、東電社長の発言に対する突っ込みであるという情報が欠如してしまうと、どこにニュースバリューがあったのかがわからなくなっています。 --続き

newpost
相互RSS的なものの効果について50万pv分測定してみた

相互RSSってありますよね。
ブログの記事上に自サイトや他サイトの新着記事を表示して相互にアクセスを回し合うブログパーツ。
あれをみていて、記事上に新着情報を表示するとどの程度のアクセス流入効果があるんだろう?と気になったので実験してみました。

**実験環境
【設置サイト】 情報の海の漂流者 (真面目に更新している時期は月pv10万程度 新規訪問割合10~20%)
【表示したもの】 このブログ(ネットの海の漂流者)の新着記事。
【表示位置】記事上を三分割し、左に設置サイトの新着記事 中央にこのブログの新着記事 右に広告を配置した。
【表示数】約50万回
【条件】実験期間中「ネットの海の漂流者」には新しい記事をほとんど投稿しない。

**実験結果
実験期間中に「情報の海の漂流者」から「ネットの海の漂流者」へのアクセスは約2万回だった。
ネットの海の漂流者が期間中ほとんど更新されず、常連の人にとっては「新着記事表示パーツ」の価値が殆どなかったことを考慮するとこれは相当多い。
同じ情報をサイドパーツに設置した時に比べて数段効果が高かった。
**実験後
実験終了後、ブログトップの新着記事表示を外して再計測をしてみた。
新着記事表示なしの場合、「情報の海の漂流者」から「ネットの海の漂流者」へのアクセスは約1000回に減少した。(こちらも50万pv分計測)
このアクセスは主に記事本文内のリンク経由だと考えられる。
**余談 レクタングル大の話
レクタングル大の大きさは336 x 280である。これは一見中途半端に見えるサイズに見える。
しかし実は横幅1024pxのモニターで横に3個ならべて表示するのに最適なサイズだったりする。
-鉄板の広告位置の罠
を読んで、サイドバーにレクタングル大を設置した人は、width1024pxでデザインをしてみると色々面白いかもしれない。

はてなユーザーの平均フォロワー数
はてなーの戦闘力は平均的ユーザーの12倍

**ふとした事で調べたもの。
さいきんはてな関係のちょっとした調べ物をしているのだが、その過程で読んだ最新の「はてなメディアガイド」に興味深い記述があった
-はてな メディアガイド2012年7-9月版(PDF)
はてなユーザーの平均フォロワー数
-Twitterの平均的なユーザーはフォロワー数は60人
-はてなユーザーのそれは720人
>>
はてなユーザーは平均的なユーザーの12倍もの影響力を持っています!
<< とのこと。 ***はてなユーザーの影響力 はてなユーザーの影響力はtwitterのフォロワーからの流入数だけに留まらない。 -はてなブックマークとアクセスアップ効果 – 情報の海の漂流者
で、書いたように はてブの新着エントリーやホッテントリ―、RSSやそれを利用したウェブサービス等まで影響が及ぶことを考えると、平均的なwebユーザーよりは相当影響力がある。
実際の所、ネット上での影響力はみための「戦闘力」(twitterのフォロワー数を一部界隈のネットスラングでこう呼ぶ)以上のものがあるという印象を持っている。
**影響力を利用されて……
はてなブックマークの新着エントリーはユーザーの質をほとんど問わず、ブックマークしたユーザーの数で判定される。
そのため、多重アカウントを使い、自分の記事にいくつもセルフブックマークを行い、新着エントリーを狙うケースもしばしば見られる。
***3user戦略のほうが総流入数は高い
はてなブックマークでは一つの短期間に3つ以上ブックマークがついた記事は、機械的に新着エントリーとして取り上げるという仕組みをとっている。そして新着エントリー入りすると、数百pv位は保証される。その事を考えると、最初の3ブックマークをするユーザーはpv100以上の影響力があることになる。
これを悪用したのが3userスパムと呼ばれる手口だ。
アカウントを多重登録し、3つのアカウントでほぼ同時にブックマークすることで、他のユーザーにとって需要がほとんどない記事でも新着エントリー入りさせることが可能なのだ。
(ちなみに、一人が複数のメインアカウントを持つ行為ははてなの規約違反である)
以前、はてブスパムが問題になった「非モテタイムズ」のアクセスについての記事が以下のもの
-非モテタイムズアクセス解析雑感 – 情報の海の漂流者
要するに、100人にブックマークされる記事を1つ書くより、3人ブックマークされる記事を33個書いたほうが、はてなブックマークからの総流入数が多くなる傾向があり、その3userをスパム行為で達成するケースもあることで、スパムやコンテンツファームの温床となっていたりもする。
影響力の強さも良し悪しである。