ネットの海の漂流者

インターネット上で話題になっている問題を検証しています。

*

転載の害とかその辺の話

      2012/07/21

-はちま叩きの人にたんぶらーはいないよね? (確認):ekken
-記事を全文転載したtumblrが元記事より注目を集めるという事態が発生 : ARTIFACT ―人工事実―
この辺の話。
**転載による実害の例
転載自体の被害の一つとしてアクセスの減少というものがある。
ウェブサイトへのアクセスは大雑把に分けて
-書き手の固定読者からのアクセス
-参照リンクからのアクセス
-検索エンジンからのアクセス
の三種類があって、全文転載されると後ろの二つが激減することがあって、そのことがしばしば書き手のモチベーション低下に繋がる。
***オリジナルコンテンツのアクセスが低下する流れ
参照リンクからのアクセスってのは最近ではtwitterとかはてブみたいなソーシャルメディアと、大手ニュースサイトからのアクセスが中心。
ここで盛り上がると、ものすごい数の被リンクが付く。
検索エンジンは被リンクを評価する。
コピーコンテンツがソーシャルメディア上で盛り上がると、結果としてオリジナルよりも検索順位が上になってしまう可能性が出てくる。
-記事を全文転載したtumblrが元記事より注目を集めるという事態が発生 : ARTIFACT ―人工事実―
で話題になっている
「叱る母親・泣く子供…ある日の電車内にて」なんかもコピーコンテンツに検索結果負けている実例。
書き出しや文中のフレーズ等で検索をかけてみると、大抵のキーワードでTumblrのリブログのほうが上位に来てしまう。
(パーソナライズ検索オフでチェック)
検索エンジンで何かを調べていて、既に見たサイトと同じ内容のコンテンツをチェックする人は少数派だ。大抵の人はオリジナルより前にコピーコンテンツを読んでそこで満足して検索をやめてしまう。
本来作り手の所に流れるはずだったトラフィックが長期にわたってインターセプトされてしまっているという現実がある。
Googleは最近他のサイトからのコピーで構成されているようなサイトの掲載順位の検索順位を下げるようなアルゴリズムを導入したけども、現時点ではそれは有効に機能していない。

転載されたコンテンツがソーシャルメディア上で話題に→被リンク増大してコピーコンテンツの検索順位が上昇→永続的にトラフィック奪われる
という状況が多々みられるわけだ。オリジナルコンテンツがSEO的に弱いところで、コピーしたところがSEO強いと、よく見かける現象だ。ただまぁ、この辺は転載者がどうこうというよりも、Googleさん仕事しろ!という話になってくるのだが……

**転載以上の害
で、問題になっているはちまとかその辺は、ただ転載するだけではなく、内容を改変してくるのがめんどくさい。自分が書いてないことを書いたといわれ、信用を落とされたり、誰かに絡まれて不快な思いをした人は結構いるんじゃないだろうか?
そういう意味で、あの界隈は改変して変な煽り文を作ってくる分だけ、ただの転載系より性質が悪いなぁと感じる。
あと、僕は、ソースコピペで画像等直リンのまま大手サイトに全文転載されてサーバーが落ちた事がある。しかも文中のアフィリエイトリンクだけは全て書き換えられていたため、サーバー負荷はこちらもち、利益はあちらもち、という極めて理不尽な目にあった。
(twitterとかでも非公式RTのamazonアソシエイトのタグ書き換えている人が時々いるけど、見てる人は見ているよと言っておく)

 - ネット, ブログ, 雑記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

スマホpv
スマホ普及が原因ではてなダイアリー離れを加速しているという側面があるんじゃないだろうか

ここ最近、ブロマガやらyahooニュースの個人カテゴリーやら、マネタイズ関係の話題が多いのでちょっと書いてみる。
はてなメディアガイド(2012年10-12月版).pdfを見ていたらスマートフォンユーザーのpvについてのグラフがあった。なんでもはてなは、この一年でスマホ版のpvが3倍になったらしい。

これを見て、ああ、こりゃはてなダイアリーから撤退する人が増えるわけだなぁと思った。特に記事を作成するためにコストがかかるタイプのブロガーは厳しいだろう。
以前書いたように、はてなダイアリーはスマートフォン版ページのマネタイズに難があるため、スマホユーザーが増加してもブロガーの金銭的メリットに直結しにくい。
あそこで広告張りながら運営しているブログの収入はPC版ユーザーの数に依存している面が非常に多いだろうと考えられる。
-今レンタルブログサービスでアフィリエイト始めるのは微妙だよ
スマホ版pv急増が総ユーザー数が三倍になった結果達成されたものならば良いのだが、どう考えても今までPCでブログを読んでいた人がスマホで見るようになったという要素も存在する。
例えば僕のはてなダイアリーの場合、ちょっと前までスマホ版ページの表示回数はPC版の1割から2割程度だったのが、今では両者の割合が半々に近いところまで来ている。
スマホユーザーがゼロに近かった頃には、10000人に読まれる記事を書けば、広告が10000pv分表示され、それに応じた収入があったのだが、スマホユーザーが増えた今では、pvあたりの広告表示回数が以前の半数程度に減少している。
当然pvあたりの収入も落ちる。
**赤字は精神的に厳しいよ
うちのようなスタイルのブログの場合、記事を書くためには色々な資料が必要で、運営していく上でどうしても一定の経費が発生する。そのため収入があるラインを下回ると赤字になってしまう。
「とりあえず缶コーヒー代位は黒字になる状態」と「たとえ一円でもお金を払って書いている状態」ではモチベーションが大きく変わってくる。クオリティを維持しながらこれからもブログを続けようと思ったら、最低でも黒字の状態は維持することを目標にしないと厳しい。
このままスマホの普及が進んでいくと、近い将来僕のはてなダイアリーは赤字に転落するだろうと予測できる。
この辺は、似たような立場の人が結構多いんじゃないだろうか。

(ちなみに昔、ブログ記事をカテゴリーごとに分析し収入とかかった時間を元に時給計算をしたことがあるのだが、うちのブログの本格的な検証記事は当時時給換算30円程度であった。経費入れれば赤字。そのあまりのコストパフォーマンスの低さに驚いたのがきっかけで僕はマネタイズについて勉強しだした。その結果今ではなんとか経費込みで黒字になった。このブログで書いているブログ運営系記事はその副産物である)
**自分の記事のクオリティが落ちたことが原因ならどうにかなるのだが
収入低下が自分の記事のクオリティが落ちたことが原因ならば、努力次第でどうにか挽回できようがあるのだが、ブログサービス側のシステムが対応していないことが原因だと、スマホ版のマネタイズをちゃんと出来るサービスにブログを移転するしか対処のしようがなくなってしまう。
同じ事を書いてひとつの場所では黒字、もう片方で赤字となると、相当強い理由が無ければ黒字の方を選ぶ人が多いだろう。
以前のはてなダイアリーは、ユーザー間で活発に議論が行われていて、そこに参加するためにはてなダイアリーを選ぶ意味があったのだが、最近は議論の場がtwitterに移ってしまい、その辺の長所が薄れてしまっている。
また、ブログパーツがホワイトリスト式で、使いたいブログパーツがあった場合、はてなアイデアから申請しなければいけないのだが、この申請が通るまでに何百日もかかる状況が常態化しているため、ネット上で話題になっている旬のブログパーツを使用することが非常に難しくなっている。
-はてなダイアリーからの脱出を再検討
これは移転を選択する人が出てくるのも無理は無いなぁと思ってしまう。
「はてなに対する思い入れ」と「過去記事についたSEO的評価」あたりでこの辺を相殺できる人ばかりとは思えない。
**広告張替え権を定額販売すると今度は運営側の利益が……
ユーザーのマネタイズ関係の問題を解決するための方法の一つに運営会社が「デフォルトではブログ運営会社の広告が表示されている場所にユーザーの広告を表示する有料オプション」を販売する、というものがある。
(要するに広告張替え権の有料販売)
しかしこの方法はユーザーと運営会社がwin-winの関係を関係を結ぶことが難しいため、長期的には上手く行かなくなることも多いようだ。
広告貼り付け権を固定額で売ってしまうモデルの場合、そのブログがどんなに人気になっても運営会社の手元に入る直接的収入は変わらない。
それどころか、pvが増えれば増えるほど必要なサーバーリソースの量が増えていくのだから、ある意味ではマイナスである。
ユーザーに広告権を固定額で売るモデルでは、運営側が、ユーザーのブログを育てていくことの金銭的メリットが薄いのだ。
例えば、はてなダイアリー有料オプションは280円だけど、ユーザーがその料金で何万、何十万pvもあるようなブログを運営した時、直接的な利益がでるのだろうか? と考えたら厳しい気がする。
この料金で、PC版の広告権もスマホ版の広告権も全部要求したらはてなの人はたぶん困るだろう。
**広告権をユーザーと運営で奪い合う状態はうまくない
そもそも一般的なブログのレイアウトにおいて、有効な広告位置は限られている。限られた広告枠を運営とユーザーと運営が奪い合う状態では両者が幸せになることは難しい。
運営側に有利すぎる条件だと、ブロガーが赤字になって他所に移ってしまうし、ユーザー側に有利すぎる条件だと運営会社が赤字になってサービスを停止してしまう。
ユーザーと運営の利益がこのあたりで潜在的に対立する構造になっているモデルだと運営会社の方針とユーザーのニーズが乖離しがちで、両者の関係がぎくしゃくしてしまいがちだ。
「あいつの邪魔な広告をどかして自分の広告にしたらもっと儲かるのに」と思ってしまうと上手く行かない。
**ユーザーと運営が広告をシェアする方向だとその辺平和
ユーザーと運営が広告収入をめぐるライバルと化してしまう問題に対する解決方法の中に一つの広告の利益を山分けするというものがある。
naverまとめや、最近始まったyahooニュースの個人カテゴリーのようにpvに応じてユーザーにインセンティブを渡すというモデルだ。
この場合ユーザーと運営の利害が一致するため、両者のニーズが同じ方向に向かいやすい。
また、広告契約は大口のほうが有利になりがちなため、ユーザーが個人で広告を貼った時に得られる収入と、運営が一括契約して分配する金額があまり変わらないケースもあり、「山分けなのに取り分は個人でやっているときとあまり変わらない」状態になる場合もある。
例えば、はてなダイアリーのポイントプログラムのamazonアソシエイト利益の分配額は3.5%としてスタートした。

はてなダイアリーでは「はまぞう」や「ISBN/ASIN記法」を用いてAmazonの商品を紹介できます。

これらの紹介を経由して、ブログ中で紹介した商品が購入されると、売上金額の3.5%に相当するはてなポイントを、商品の紹介料として支払います。ただし商品1つあたりのポイントの上限は500ポイントです。

はてなダイアリーポイントプログラム実施について – はてなダイアリー日記

amazonの紹介料率は最近改訂され、カテゴリーごとに固定のものが増えたが、当時はほぼすべての商品が月間出荷数に応じて利率が変動するシステムだった。
|1 ~ 30個|3.50%|
|31 ~ 100個|4.00%|
|101 ~ 300個|4.50%|
|301 ~ 1,000個|5.25%|
|1,001 ~ 3,000個|6.00%|
|3,001 ~ 10,000個|6.50%|
|10,001 ~ 30,000個|7.00%|
|30,001個 ~ 100,000個|7.50%|
|100,001個以上|8.00%|
(商品1つあたりの上限は1000円)
この条件だと大口と小口の間に二倍以上の差があるため、個人で契約したケースと、大口契約の所と山分けしたケースでそこまで顕著な差は生じない。
他の広告でもこれと同じようなシステムを採用している所も多いので、上手いことやれば金銭的にはwin-winの関係を結べるはずなのだが……
**メモ
この辺実装するには工数が結構かかるだろうし、規約や法律もめんどくさいことになるので、はてなが近い将来にこの辺に手をつけてくれる可能性は低そうな気がしている
ありえるとしたら、はてなダイアリーポイントプログラムにpv依存の報酬が登場することと、その機能をpc版のみ or スマホ版のみ で使えるオプションを付けてくれるあたりだろうか?

文章力
ブロガーの文章能力と人気

最近、ネット上で読解力とか文章力に関連する話題が多かったので、その辺について持論を書いてみる。
1.文章力とブログの人気の関係について
2.誤解されない文章について
3.読者の誤読について
という構成で書く予定で今回は文章能力と人気について。
**ブロガーの文章能力と人気について
初心者のためのブログ入門みたいなページに「人気ブロガーになるためには、文章力を向上させ、読みやすい文章を書くことが必要です」みたいな事がよく書かれているけど、文章力で勝負しているブロガーって限られているんじゃないかと僕は思っている。

今のネットユーザーは素人が書いた文章を大量に読みながら生きている。twitterやfacebookといったソーシャルメディアを使っている人が非常に多いし、まとめブログやまとめサイトといったキュレーションサイトも大人気だ。あまり上手ではない文章に耐性がある人が相当数いる。平均かそれよりちょっと下くらいの文章力があればダメ出しされることなくブログを運営できるのではないだろうか。
(2chまとめサイトが人気なのは文章力が管理人にあるからだ!と主張する人は少なかろう)

多分、文章力を鍛えるために時間を使うくらいなら、ブログのレイアウトを工夫して物理的に読みやすくした方が読まれるブログを作る上で効率が良い。レイアウトは「超大事」だ。ここが駄目なサイトだと何を書いても駄目だ。読者が物理的にノックアウトされてしまい、記事が読めない。

**推敲するときにはGoogleキーワードツールを使え
ブログの読者を大雑把に分けると以下の4つになる。
-固定読者(ファン)
-ソーシャルメディア経由の読者
-他のサイト経由の読者
-検索エンジン経由の読者
この内検索エンジン経由の読者の数はブロガーの力量(SEO力)次第で大きく変化する。

例えば現在「文章力」という言葉はGoogleで月間1600回検索されている。それに対して類義語の「文章能力」6600回と、両者の検索回数には4倍以上違いがある。
こういうことを知っていて、その知識を元に記事内で使用する単語を選別している人と、その辺まったく知らない人では、検索エンジン経由のアクセスは大きく違ってくるだろう。たとえ同じような記事を書いていてもだ。
多分人気ブログを作りたいという目的なら、読みやすい文章を書くために推敲するより、その時間を使って、Googleキーワードツールを使いながら、単語を一つずつ選別していったほうが効率が良いだろう。
それが楽しいかどうかは別だが。
ただ、固定読者からの反応だけで、ソーシャルメディア上で一定数拡散される規模になるまではSEO無視したら誰にも読んでもらえないので、初期はこの辺しっかりやっていたほうがいいように思える。
**まとめ
少なくても僕の友人が「人気ブログになるため」に文章力鍛える!とか言い出したら、それは優先度低いからまず他のことやれと止める。
来てくれた人が途中でギブアップしないように、ブログのデザインを整えることや、入り口を広くする工夫をすることに比べたら優先度は明らかに低いから。
自分の考えを誤解なく伝えたいから文章能力鍛える!というなら、目的にかなっているから頑張れって! 声をかけるのだが……
その場合も、文章を磨くよりは絵や図を一枚付けるほうが読者の理解の助けになることも多いので、文章能力以外の方法も検討する癖をつけたほうが良さそうなのだが
-読者に誤解・誤読されないブログ記事を書こうとすることについて
に続く

no image
ホッテントリー入りするかどうかは事前の活動で決まるというのは大体あってる

戦う前から、勝敗は決まっているんだから。

事前の活動が、100ブクマを集める下地を作っていた。下地のないサイトがどんだけ良い記事を書いても、大抵は埋もれる。

100ブクマほしければ、id:RE○さんにはてなポイントを1万くらい送れば良い – うぱ日記

これについては、大体あってますね。
現在の仕様では「はてなからのアクセスだけで100ブクマ到達」というのはかなり難しいので、事前活動と外部活動が大切になってきます。
誰もブクマしないような記事は論外として、数十人がブクマするような内容の記事であれば、読んでくれる人の数を2~3倍に増やせば100ブクマ行きます。
また、24時間かけて10ブクマ付く記事を書けるならば、そのブクマを短期間に集中して付くような工夫をすれば、はてブの新着エントリーの上位入りが狙えます。
そうすると露出が増えて100ブクマ超になりやすい。

**例えば
+自分が今どんな記事を書いているか、いつ頃完成するかを常にtwitterやはてなハイク等のミニブログで書くようする→興味をもつ人のアクセスがそのタイミングに集中しやすくなる
+twitterなどを眺めていて、今書いている記事に興味がありそうな人が大勢アクティブになったタイミングで投稿し、新着通知→ほぼ同時に3ブクマ以上付く可能性が上がり新着エントリー入りしやすくなる
+24時間ごとの大まかなインターネット利用率を把握し、はてブからのアクセスのピークをゴールデンタイムに調整する cf 中堅ブログのアクセスが一記事数千変わってくるテクニック
こうした各種調整をしっかり考えているサイトと考えてないサイトではブクマのつき方段違いです。

事前の活動や投稿技量の巧拙といった記事の品質以外の要素を考慮し、いかに下地を作るかが「100ブクマを集める記事」を作成する上で非常に重要になってきます。

no image
「外部電源喪失 地震が原因」について、その1

-外部電源喪失 地震が原因/吉井議員追及に保安院認める
という記事が話題になっていました。
この記事の元になった経済産業委員会の質問がどの様な趣旨であったかというと、4月13日に東京電力の清水社長が「(福島第一原発の)事故の原因はあくまで未曾有の大津波でだった」と発言したが、外部電源が喪失したのは地震によるものであり、炉心溶融は津波の被害と地震の被害の複合要因により全電源喪失状態になったのが原因だ、という趣旨のものでした。

以下該当部分を要約します。
詳しいことを知りたい方は、衆議院のインターネット中継からアーカイブを参照してください。
議事録は一週間ほどでネット上に公開されますのでそちらをチェックするのもよいでしょう。

>>
吉井委員「4月13日に東京電力の清水社長が事故の原因はあくまで未曾有の大津波でだったと発信しています。日経ビジネスの一番新しいのにもそのことは紹介されていますが、そこで伺っておきたいのは仮に津波で内部電源が失われたとしても、外部電源が生きていれば事故はもともと起きなかったんです。炉心溶融までは行ってないんです機器冷却器が働きますから、ところが夜の森線第27号の鉄塔が一機倒壊して全交流電源喪失、炉心溶融という事態に至ったものなんです
この鉄塔というのは津波の及んでいない場所にあったと思うんですがどうですか?」

保安院寺坂「夜の森線そのものに関しては津波の及んでいない地域のもの。鉄塔は(福島)第一発電所の五号機六号機に関する受電関係の鉄塔と理解してございます。」

吉井委員「五号機六号機の外部電源なんですが、同時に内部で融通しあうことになっているので、1号機から4号機については発電所内の受電設備の損傷などで受電できなくなったんですね。それは地震によるものだと報告がありました。
そもそも清水社長は未曽有の大津波で炉心溶融まで至ったかのように言っているがそれだけではない、津波で仮に内部電源が破壊されても ――これは東京電力提供の航空写真で見てもはっきりしていますが鉄塔倒壊場所は津波とはぜんぜん違う場所なんです。つまり地震で倒壊したんですよ―― その為に外部電源が取れなくなって炉心溶融になったんです。もちろん外部電源がダメでも内部電源が行けたら大丈夫なんですけどね。
ですからそういう問題だということをきちんととらえていくことが大事だと思うんですが、大臣にも確認しておきたいんですが、この鉄塔は地震によって壊れたものであって、内部電源が仮に津波でやられたとしても、地震で鉄塔が倒れるようなことがなく、きちんと耐震構造でやられていたならば、外部電源が失われ、炉心溶融という今日のような事態にはならなかったと、この事は大臣も考えられますね」

<<この吉井議員の質問が、東電社長の発言に対する突っ込みであるという情報が欠如してしまうと、どこにニュースバリューがあったのかがわからなくなっています。 --続き

no image
読者に誤解・誤読されないブログ記事を書こうとすることについて

最近、ネット上で読解力とか文章力に関連する話題が多かったので、その辺について持論を書いてみるシリーズの第二弾。
1.文章力とブログの人気の関係について

**万人にちゃんと理解される文章を書くのは実質不可能
大学入試センター試験の国語の問題から現代文の正答率を眺めてみると、読解問題で9割以上の人が正解している設問は少数派なことに気がつく。
センター試験は選択問題のため、ちゃんと読めてない人が偶然正解したり、はたまた選択肢にミスリードされて、ちゃんと読めている人が不正解になったりして、正解率と理解率は必ずしも一致しないが、このデータは誤読について語る上で参考程度にはなるだろう。
プロの物書きが執筆しプロの編集者がチェックした文章を「人生をかけた読者」が必死に読む、という状況でも内容についてテストしてみると10人に1人くらいは間違えてしまう。
(もちろんこの辺はテキストの難易度によって違いは出てくるだろうが)
プロの文章を必死に読んでもこの結果なのだから、個人ブログならば状況はもっと悪いはずだ。文章について特別に訓練を受けたわけでもない普通の人が、第三者のチェックを受けることなしに書いた記事を、読者の大部分は暇つぶしに消費している状態なのだから。
ブログという場を選ぶ以上は10人中8人にちゃんと伝われば大成功位に思っておいたほうがいいだろう。

ブログを読んだ人のうち一人でも誤読する人がいたら「自分の文章力に難があるのではないか」と悩んでしまう人が時々いるが、読者全員にちゃんと理解してもらうことを目標にするのはやめたほうがいいと僕は思っている。
ブログなんてみんな結構いい加減に読んでいる。
Twitterでタイトルだけ見てコメント書く人もいれば、はてなブックマークで本文読まずにブコメだけ見てコメントを書く人もいる。ニコニコやらYoutubeやらで動画を見ながら暇潰しに斜め読みしている人も多いだろう。
あなたの文章力以外の要素で誤読されてしまうこともあるのだ。
誤読されない記事を書こうとするときには100点を目指すのではなく80点位を目標にするのが現実的ではないだろうか。

(軽度)発達障害への配慮という観点

-日本の素敵な給湯室フェミニズム? – Togetter
これについては
+フェミニズム的もしくは男女論的にどうであるかは別として、(軽度)発達障害への配慮という観点を中心に考えると高橋氏の当初の発言には妥当性がある
+部長の比喩に対する高橋氏の抗議にには正当性がある。
という印象を受けた
*発達障害への配慮

NaokiTakahashi女性からの、解答を求めてない(共感・相槌だけを求めてる)会話って、(少なくとも一部の)男性にはすげーストレスなんですが。問題文だけ読み上げて解答は説明しない学校の授業みたいな。あるいはオチがない漫才か。お金もらいたいレベル。link

これなんかは「一部の男性」の代表例を言語優位アスペルガー症候群をはじめとする、ある種の発達障害の人たちと考えると分かりやすい。
そういう人達が抽象的なコミュニケーションから受けるストレスの例については梨木香歩さんのエッセイ『春になったら苺を摘みに』に収録された海外滞在先の大家さんと著者の会話なんかは典型的だなと思う。
>>
――昨日、ある集まりがあって、司会者に、じゃあ、ちょっと前に出てみてください、といわれたんでどんどん前に行って、その人の顔のすぐ目の前まで行ったんだ。そしたらみんな笑うんだよ。ジョークだと思ってるんだ。ところが僕ときたらなぜ笑われているのかわからないんだ。その人が驚いた顔をして、ハローというので、何か不都合なことをしたんだ、って分かったんだ。
――そうか、どこまで前へ出てください、って相手は言ってないんだものね。どこからどこまでが、彼の考える妥当な「前」なのか、範囲を指定してなかったのだものね。普通は「彼」の前でなく、ぎりぎり「聴衆全体」の前ぐらいでいいのかもしれない。でも相手の目の真ん前だって、前には違いないんだもの。行ってないことを察するのは難しいね。
――そうなんだよ、難しいんだ、化学の論文なんかよりずっと。
――ああ、化学の論文のほうがそれは、遥かに論理的合理的だものね、でも私にはそっちがずっと難しい。
――僕たち、足して二で割れないもんだろうか。
――そうだねえ、全ての人間を足してその数で割ったら、みんな分かり合えるようになるかなあ。
――うーん、でもそれもどうかなあ。
――分かり合えない、っていうのは案外大事なことかもしれないねえ。
――うーん……。この間、不動産屋がアラブからきたばかりの人たち連れてきただろう、君、初めてだったんじゃないか。
 私が帰国した後の家を、賃家と売り家の両方で出していたので、様々な不動産屋が様々な国の人々を連れて見学に来ていた。その中に彼の言う人たちもいた。
――いや、初めてではなかったけど。
――そう。彼らのことをわからないと言う人がいるけど、自分の論理を押し付けてくるという点では、僕にはみんな同じだな。
――………。

<< こういう人たちの中には共感コミュニケーションは難しいと感じる人も多いし、なんとか対応できるけど全身全霊を込めて全力で取り組む必要があり、毎回へとへとになってしまうという人もいる。 また、男性におけるある種の発達障害の発生率は女性の数倍に達することから共感コミュニケーションが通じる割合には男女差がある可能性も否定できない。 男女50人ずつ集めて共感コミュニケーションのテストをした場合、ある種の発達障害の発生率の違いから、下位集団の男女比が偏る可能性はあるだろう。 -女性→女性の場合、大抵の人に通じる -女性→男性の場合、通じる人には通じるが一部の人に致命的に通じない ということは十分に考えられる。 アスペルガー症候群等の高機能自閉症の人の中には、無理して頑張って周囲に合わせたコミュニケーションを取ろうとし続けた結果、過剰適応を起こしてしまい、鬱病等になりドロップアウトすることがしばしばある。 共感コミュニケーションにおける配慮の有無というのは人一人の人生を左右しかねない大問題であると言える。**発達障害は脳の器質的問題である さて、発達障害というものを視野に入れた上で以下の発言を読むと大変問題が多いように感じる。

hibari_to_soraぎゃはは! ナニコレ? マジもんか。イケメンでも給湯室で火だるまになるタイプ。ダメだなー、さっそくTwitterのフェミトークで刺されてるよw 当たり前だよ(笑) https://t.co/2jb6swZQlink

はたしてこのフェミトークが刺しているのは一体なんなのだろうか?
共感コミュニケーションに対する疲れの表明というのは後天的な問題ではなく、発達障害という先天的な脳の器質問題に原因がある可能性がある。
先天的な問題についての攻撃というのは言ってみれば「下半身が不自由な人の歩き方を馬鹿にする」「吃音障害の人の話し方を真似して笑いものにする」といった行為と同じようなことをやっているんであって、あまりいい趣味とは言えない。
「共感を求める会話への疲れの表明」や「コミュニケーションストレスに対する配慮を求める声」が含まれる発言への批判というのはかなり慎重に行う必要があるように思える。
そこに対する配慮を欠いた時、給湯室で火だるまというのはただの暴力と化してしまう危険性があるわけだ。

*部長の比喩に対する高橋氏の抗議にには正当性がある
一年くらい前、ソラノート事件という騒動があった。
その中で加害者の男性が被害者の女性に対して「オバサン」と揶揄し、被害者が怒りを表明したという出来事があった。
この時のはてなブックマークには被害者の怒りが正当なものである、という意見が相当数存在した。
しかし今回の高橋氏の親父呼ばわり、権力者呼ばわりに対する怒りの表明には賛同する人があまりいなかったことに僕は違和感を覚えた。

NTakahashiSPそれを言うなら、まだ36歳! の、役職なんぞもっとらんフリーのシナリオライター捕まえて保守親父、部長、呼ばわりしたことにも詫び入れてもらおうかい。link

僕が見る限りはてな界隈では揶揄や蔑称に対する抗議には正当性を認めることが多かったのだが、今回そういった声が小さいのは何故なのだろうか?
*まとめ
高橋氏の言うところの(共感・相槌だけを求めてる)会話で(一部の人に)生じるストレスというのは、発達障害への配慮という観点から見るとかなり真っ当な意見である。
論理的に正しいかは別として、自分に対する不適切な揶揄や蔑称についての抗議の部分には正当性を認める必要があるのではないか?

no image
食費一日300円とはどんな食生活なのか?

お願い

この記事は前振りなんで、出来れば続きの記事まで読んでください。

本題

こんな発言が話題になっていた。

pukuma 吉村哲彦
日本は生活保護の受給者に海外旅行までさせているおめでたい国ですね。生活保護は給付水準を切り下げるべきだ。ぎりぎりの生活しかできない程度まで締め上げれば不正受給者が激減するだろう。1日の食費など(私と同じ)300円もあれば十分です。

Twitter / @吉村哲彦: 日本は生活保護の受給者に海外旅行までさせているおめで …

一日300円の食生活というのは果たしてどの様なものなのか、興味があり調べてみた。
幸い、この方は食事内容をわりと呟いているので、どんなものを食べているのかある程度分かる。
時を遡りながら見てみよう。

@pukuma 吉村哲彦
この質問多いですね。インスタントラーメン5袋168円、食パン1袋98円、野菜パック99円、豆腐48円、うどん1袋24円、納豆3パック78円、卵10個188円、あとはスーパーの半額商品です。RT @SORAVE: 1日300円ですか?・・たとえばどういったものを?
1月22日

Twitter / @吉村哲彦: この質問多いですね。インスタントラーメン5袋168円 …

@pukuma 吉村哲彦
今日の晩御飯はもやし炒めで50円。食パンも買ったけど明日食べることにします。結局本日の食事代は90円でした。笑
11時間前

Twitter / @吉村哲彦: 今日の晩御飯はもやし炒めで50円。食パンも買ったけど …

@pukuma 吉村哲彦
今日のお昼ご飯はインスタントラーメンと卵。コストにして40円。朝食は食べないし、夕食を260円に抑えるのは余裕。外食もめったにしないし、1日300円で食費は十分だと思います。
15時間前

Twitter / @吉村哲彦: 今日のお昼ご飯はインスタントラーメンと卵。コストにし …

おや、これはガチで一日300円生活をしている人なのかな、と思いつつさらに眺める。

海老穴子天丼を食べました。東大のそばにはいい定食屋が多いですね。この天ぷらの黒さは西日本にはないと思いますがどうでしょう? http://plixi.com/p/71152551
1月20日

Twitter / @吉村哲彦: 海老穴子天丼を食べました。東大のそばにはいい定食屋が …

秋葉原駅前のマクドなう。携帯を充電中。189円残っているEdyを使いきるつもりが、マクドでは10円単位でしか使えないようで9円残った。どこかのコンビニで使おう。面倒くさい。
1月19日 ÜberTwitterから

Twitter / @吉村哲彦: 秋葉原駅前のマクドなう。携帯を充電中。189円残って …

@pukuma 吉村哲彦
ハーゲンダッツのアイスクリームってどうしてこんなにおいしいのかな?ハーゲンダッツの商品券もらったので、2個も食べてしまった。笑
1月15日 webから

Twitter / @吉村哲彦: ハーゲンダッツのアイスクリームってどうしてこんなにお …

時々外食はしているようだ。

@pukuma 吉村哲彦
生活で切り詰められるものは他にないだろうか?新聞はやめたし、お風呂は2、3日に1回。食費は月に1万円以下。携帯電話やデジカメは毎月のように買っている気がするが。笑

Twitter / @吉村哲彦: 生活で切り詰められるものは他にないだろうか?新聞はや …

こんな食生活が果たして続けられるものなのか?と疑問に思ったが実はカラクリがあった。

@pukuma 吉村哲彦
年収500万円の私は海外旅行や出張に150万円くらい使っている。年収350万円の生活はとても厳しい。京大にいたときは600万円はあったのに。
1月15日

Twitter / @吉村哲彦: 年収500万円の私は海外旅行や出張に150万円くらい …

この人は趣味が海外旅行で、月一度を目標にしているそうだ。
そして旅行中は「マトモな飯」を食っている。

以下1月8日の食べ物についてのtweetを列挙してみましょう。

1月8日

@pukuma 吉村哲彦
カトマンズはいいところかもと思い始めた。ネパールに慣れてきたということでしょう。今日の日本食レストランも明朗会計でよかった。明日もビール飲みに行きます。笑
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: カトマンズはいいところかもと思い始めた。ネパールに慣 …

@pukuma 吉村哲彦
ネパールに来て以来モモしか食べておらず、まともな食事をしてから帰りたいです。笑RT @aya_rambutan: お気に召すかわかりませんが、チベット族の古き良き風情があるお店かと。私もネパール行きたいです!
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: ネパールに来て以来モモしか食べておらず、まともな食事 …

@pukuma 吉村哲彦
カトマンズのHOTEL UTSEのレストラン。EVERESTビールを飲んでます。冷えてます。笑
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: カトマンズのHOTEL UTSEのレストラン。EVE …

@pukuma 吉村哲彦
トゥクパ(煮込みラーメンみたいなもの)を食べている。この味は最強だ。感動した。
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: トゥクパ(煮込みラーメンみたいなもの)を食べている。 …

@pukuma 吉村哲彦
次はネパールのターリーを食べてます。食べ過ぎな気もするが、おいしくて、おいしくて。笑
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: 次はネパールのターリーを食べてます。食べ過ぎな気もす …

@pukuma 吉村哲彦
昨日冷や奴も食べました。歯磨きは水道の水を使っています。やばいかもしれないですね。笑RT @reiko29: カトマンズの日本食屋で冷ややっこ食べて、おなか壊しました。生ものはやめましょう!歯磨きの水にミネラルウォーター使っていたのに、油断してました。
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: 昨日冷や奴も食べました。歯磨きは水道の水を使っていま …

@pukuma 吉村哲彦
日本料理屋の居心地がよく、野菜炒めも注文した。野菜不足解消します。冷や奴はやめときました。笑 @reiko29
1月8日

Twitter / @吉村哲彦: 日本料理屋の居心地がよく、野菜炒めも注文した。野菜不 …

これが食費一日300円生活である。充実してますね。
他の一日も見てみましょうか。

1月4日

@pukuma 吉村哲彦
カトマンズで40ルピーだったモモ(餃子)が150ルピーだって。すごいぼったくられた気がする。ネパールにはたぶん二度と来ない。
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: カトマンズで40ルピーだったモモ(餃子)が150ルピ …

@pukuma 吉村哲彦
今日もモモ(水牛肉の餃子)を食べている。こんなのより味千ラーメンが食べたいです。涙
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: 今日もモモ(水牛肉の餃子)を食べている。こんなのより …

@pukuma 吉村哲彦
さんざん歩き回ってやっと冷えたビールを売ってるところを見つけた。しかし、冷えてるといってもそんなに冷えてはいないし、ふつうのTUBORG。ネパールのビールが飲みたいんだけどなあ。
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: さんざん歩き回ってやっと冷えたビールを売ってるところ …

@pukuma 吉村哲彦
缶ビール150ルピー、瓶ビール250ルピーだって。ネパールは猫はいないしビールは高いしで、幸せになれません。今回が来るのは最後かも。
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: 缶ビール150ルピー、瓶ビール250ルピーだって。ネ …

@pukuma 吉村哲彦
チキンカレーを注文後、宿のおばさんはどこかに行って戻って来ないので、調理場かなと思っていたのであるが、実はチキンの買い出しだった。停電が多く冷蔵庫が機能してないので、そんなものなんだろう。笑
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: チキンカレーを注文後、宿のおばさんはどこかに行って戻 …

@pukuma 吉村哲彦
今日の晩ごはんはモモという水牛の肉が入ったネパール餃子を食べた。コーラも飲んで100円でお釣りがきた。私のような貧乏人にはいい国なのかも。
1月4日

Twitter / @吉村哲彦: 今日の晩ごはんはモモという水牛の肉が入ったネパール餃 …

物価の差があれですね。

さて、日本編に戻りましょう。

あれ、外食が

@pukuma 吉村哲彦
琥珀ヱビスなるものを飲んでます。どんなに貧乏しても発泡酒とか第三のビールとかは飲みません。
12月27日

Twitter / @吉村哲彦: 琥珀ヱビスなるものを飲んでます。どんなに貧乏しても発 …

@pukuma 吉村哲彦
餃子の王将には裏メニューに豚キムチ丼がある。京都の王将のはおいしかったが、松江のは論外。裏メニューなので店によって、全然違うようです。笑
12月27日

Twitter / @吉村哲彦: 餃子の王将には裏メニューに豚キムチ丼がある。京都の王 …

@pukuma 吉村哲彦
またしても餃子の王将なう。何を食べようかとか考えるの面倒なので、同じものを食べ続けてしまう。笑
12月27日

Twitter / @吉村哲彦: またしても餃子の王将なう。何を食べようかとか考えるの …

@pukuma 吉村哲彦
またしても餃子の王将なう。当分インスタントラーメンは食べられないなあ。笑
12月26日

Twitter / @吉村哲彦: またしても餃子の王将なう。当分インスタントラーメンは …

@pukuma 吉村哲彦
シュークリーム6個食べたら気持ち悪くなった。最近こういうのが多い。笑
12月25日

Twitter / @吉村哲彦: シュークリーム6個食べたら気持ち悪くなった。最近こう …

外食が続いているけど何が起きているのでしょうか。

インスタントラーメンを食べ過ぎて

@pukuma 吉村哲彦
24円のうどんを食べ続けたことがあって、今回と同じように見るだけで吐き気がするようになりました。半年くらいになりますが、まだうどんは食べられません。RT @fonfon3: @pukuma ラーメンばかりで冷凍のおうどんなどは出番なしですか?レンジで3分、便利だと思いますが。
12月25日

Twitter / @吉村哲彦: 24円のうどんを食べ続けたことがあって、今回と同じよ …

@pukuma 吉村哲彦
昨日からインスタントラーメンのことを考えただけで吐き気がするようになった。ちょっと食べ過ぎたかなあ。しばらく休もう。笑
12月25日

Twitter / @吉村哲彦: 昨日からインスタントラーメンのことを考えただけで吐き …

なるほど、ラーメンやうどんを食べ過ぎて、受け付けなくなったのですね。
ちょっと無理しているんじゃないでしょうか?

さらにこんなツイートもありました。

@pukuma 吉村哲彦
インスタントラーメン食べたら腹痛になった。イタタタタ。なぜだ?あれこれ考えたが、ラーメンが悪いとは思えない。食器を洗ったスポンジが怪しいかも?
12月11日

Twitter / @吉村哲彦: インスタントラーメン食べたら腹痛になった。イタタタタ …

@pukuma 吉村哲彦
東南アジアで腹痛になったこともほとんどないというのに、日本では週に1回くらいはなっている。日本の食品衛生って意外にレベル低いのではないかな?
12月11日

Twitter / @吉村哲彦: 東南アジアで腹痛になったこともほとんどないというのに …

インスタントラーメンに使われている油は古くなると劣化し腹痛の原因になります。
今回の腹痛の原因がそれであるかは分かりませんが、注意が必要です。
また、リンや塩分の過剰摂取にも繋がるので食べ過ぎはおすすめできません。

@pukuma 吉村哲彦
今日は朝から食パン6枚しか食べてないんだけど、やはりこれでは味気ない。ジャスコに半額のお刺身買いに行こうかな。笑
12月14日

Twitter / @吉村哲彦: 今日は朝から食パン6枚しか食べてないんだけど、やはり …

@pukuma 吉村哲彦
ジャスコなう。ベストプライスの88円の食パンと半額のお刺身買った。88円の食パンで明日1日生きられる。お刺身は今夜の夜食。笑
12月13日

Twitter / @吉村哲彦: ジャスコなう。ベストプライスの88円の食パンと半額の …

こんな日もありました、3食食パンだけ。
うーん。

この後、スーパーの閉店セールを利用して上手に買い物をしているツイートがいくつかあり、また海外編に。

12月8日

@pukuma 吉村哲彦
http://moby.to/ak9ukl – タイガービール。とことん、飲みますよ。笑
12月8日

Twitter / @吉村哲彦: http://moby.to/ak9ukl – タイ …

@pukuma 吉村哲彦
ラウンジのワイン。まあまあだけど、ベストではない。東南アジアはビールがおいしいけど、ワインはだめだよね。
12月8日

Twitter / @吉村哲彦: ラウンジのワイン。まあまあだけど、ベストではない。東 …

@pukuma 吉村哲彦
http://moby.to/1visqj – まだまだ食べられそうなので、チキンライスも食べることにした。今晩帰国なので、食べ納め。笑
12月8日

Twitter / @吉村哲彦: http://moby.to/1visqj – まだ …

@pukuma 吉村哲彦
http://moby.to/h4qcoq – 今日はラクサを食べました。シンガポールは食の大国だ。
12月8日

Twitter / @吉村哲彦: http://moby.to/h4qcoq – 今日 …

@pukuma 吉村哲彦
http://moby.to/wijk8w – 今日もまたチキンライス。これは最強だ。
12月8日

Twitter / @吉村哲彦: http://moby.to/wijk8w – 今日 …

またガッツりくっています。
このパターンが繰り返されているようです。

まとめ

この人の一日食費300円生活は、定期的に海外で美味い物を食うことで成り立っています。
ストイックな食生活にはインターバルがあるということです。
それでさえ、国内にいる時には同じものを食べ過ぎて気持ち悪くなったり、定期的に腹痛を起こすなどの症状が見られます。
栄養バランス的にも非常に問題があります。
この一日300円生活を国内で長期間継続することは、健康上重大な問題が発生する可能性があり、多分やめたほうがいいでしょう。

続き

リソースの振り分け方が極端な人の基準を採用するのは死亡フラグ | ネットの海の漂流者

はてなダイアリーから移転しました。

はてなダイアリーで情報の海の漂流者 というブログを一年半ほど続けていたのですが、色々思うところがあって独自ドメイン+WordPressに移転しました。

はてなダイアリーは便利なブログなのですが、いくつか欠点があります。

JavaScriptが使えない

JavaScriptを使えれば表を項目ごとに並び替えることができます。

テーブルのソートができるTable Sorterというjsがあります。

名前種類個数
りんごくだもの2
にんじんやさい5
だいこんやさい3
ナシくだもの6

僕は記事の中で長い表を使うことが多いので、どうしてもこれを使いたかったのですが、はてなダイアリーでは使用不可能でした。

ちなみにライブドアブログSeesaaブログFC2ブログ等のjavascriptが使用可のブログではこのjsを使うことができます。

ブログパーツがホワイトリスト制

はてなダイアリー使えるブログパーツは運営に許可されたものだけです。

まだ許可されていないブログパーツを使いたい場合、はてなアイデアから申請しなければなりません。

申請をしても、実際に使えるようになるまで数カ月かかることもあります。

最近、使いたいブログパーツが立て続けで未許可で許可申請をするのが面倒になり、どうせならどんなブログパーツも許可なしで使えるブログサービスに移転した方が早いと思ってしまいました。

SEO的な話

僕の書いた記事は時々はてなブックマークというソーシャルブックマークで人気になります。

はてなブックマークでホッテントリに入ると、その記事の被リンク数は瞬間最大風速的に跳ね上がります。

当日や翌日の被リンク数は数十万件になります。

リンク元のほとんどは動的なページなので、数日もすればリンクは消え、最終的には1万前後で落ち着くのですが、それでもとんでもない数です。

この被リンクを活かせるか否かで、検索エンジンでの表示順位は大きく変わってくるはずです。

被リンク数

さて、はてなダイアリーはこの被リンクを活かしているかということですが、微妙じゃないかと僕は思います。

上図の被リンク一位の記事、58486件の被リンクがありますが、その内外部リンクは346件だけです。

それ以外の58000件は、hatena.ne.jp内からのリンクからになっています。

この辺実はSEO的に物凄く損しているのではないか?と思います。

それと、Googleの検索結果は一つのドメインからは2件までしか表示されないので、規模が大きなブログサービスではドメイン内の競争に負けて、検索で表示されない可能性が出てきます。

実際、僕が書いているテーマは、はてなダイアラー同士の競争が激しくてはてな内で2位に入れず、埋没するエントリーが結構ありました。

もし、ドメイン内に競合がいない独自ドメインならどうなっていたのか、興味があります。

どうせブログを書くならば、いろいろな人に読んでもらえたほうがいいので、この辺確かめてみたいところです。

関連エントリーを自動挿入してみたかった。

はてなダイアリーには関連エントリーを自動挿入する機能がありません。

関連エントリーを自動的に生成するブログパーツもいくつかあるのですが、すべてはてなダイアリーは未対応状態でした。

その為、記事を書くたびにテーマが似ているエントリーを探してきて、手動でリンクする必要がありました。

関連エントリーを探す作業は一回数分ですむのですが、毎回やるとなると結構面倒なんです。 これをどうしても自動化したかった。

WordPressには「Yet Another Related Posts Plugin」というプラグインがあり、自動的に関連エントリーをまとめてくれます。

これを使うと日々の更新活動が楽になるので便利です。

no image
固定読者からの好意的な反応がブログを支えているというのはよくわかる感覚

-個人のサイトやブログに反応があるという事は、管理人にとって大きな喜びであるということ – karimikarimi
これはよくわかる感覚だなと思った。

「固定読者」からの「好意的な反応」がモチベーションを保つ上で大事だなとは常々感じている。書いた記事を誰かがちゃんと読んでくれていると実感できるか否かは更新速度に大きな影響を与える。

逆に、ちゃんと読んでくれない人の反応が一定数を超えると精神的に疲れてしまうことがある。
僕のブログは、何年もかけて少しずつ資料を整えていって、そこで得られた知識を元に時事問題を検証していくというスタイルなので、過去ログを読んでいる人と読んでいない人では記事の理解度が大きく異なってくる。
何年か前に、批判的なコメントが100件以上ついて、その全てに過去ログの引用だけで返信できてしまったことがあるが、あれは賽の河原で石を積んでいるようでかなりしんどかった。
そういう時には今後どんなものを書いていくべきなのか、そもそもブログを続けていくかどうかを悩んだりするわけだけど、迷った時に一番参考になるのは普段からブログを読んでくれている人の意見だ。
ブログ更新につかれた時に目につくものが、ネガティブな意見ばかりだったり、そもそも誰も反応をしていなかったりすると、そのままブログを辞めてしまう人が多いんじゃないだろうか?

それにしても最近は特定の記事がソーシャルメディア上で拡散され爆発的なアクセスが来る事例も増えてきたが、それと同時に読者と共に成長していくタイプのブログを運営することや、予備知識を必要とする記事を書くことが難しくなってきているなと感じる。

メルマガを始めてからスカスカになっていくブロガーを見るのはつらい

最近、人気ブログの一記事あたりのソーシャルメディア言及数平均値を調べてみたり更新頻度とRSSリーダー登録数をまとめたりと、ブログを記事単位ではなく、ブログ単位、ブロガー単位で分析する方向で色々なことを考えている。
昨日はそれに加えて、有料メルマガの頻度がどうなっているかについても調べていた。

こういう作業をしている内に、有料メルマガ初めて以来、記事が段々スカスカになって来ている人が少なからずいるなぁという感想を持った。
そのことについて話す前に、人気ブログの類型についてまとめてみよう。
**ゴールドラッシュタイプのブログ
amazon.co.jp すくい用 金塊 ゴールドラッシュ 800g入
人気があるブログの中にはいろいろなタイプのものがあるが、その中で人気を維持していられる期間が比較的短いのは「ある日偶然、非常に話題性の高い事件に巻き込まれた」タイプのブログだ。

とんでもない大事件に遭遇する。
そのことについてリアルタイムでブログに書いていると、非常にコンテンツ力が高い記事が生まれる。みんな大事件には興味があるからだ。
この手のブログは短期間で爆発的に成長するが、人気ブログと呼べるような期間は短いことが多い。どんな大事件や大ブームも次第に風化して興味を持つ人が減っていくのは避けられない。時間と共に人気は自然に落ちて行く。
そしてこのタイプのブロガーは計算して人気ブロガーになったのではない。ブームを再現することは困難なのだ。
一部の例外を除き、このタイプのブログが人気ブログであり続けられる時期は短くなる。
**たけのこ生活|人生の貯金を切り崩しているタイプのブログ
amazon.co.jp はじめてのおままごと タケノコ G05-1071-C
人間、何十年も生きていれば様々なことを経験する。知らず知らずのうちにコンテンツとして有望なネタがいくつも積み重なっていく。波乱万丈な人生を送っている人ならばなおさらだろう。
そうして溜まってきた人生の貯金を切り崩しながら記事を書くと、話題性のあるコンテンツを短期間に何本も生み出すことが可能になる。ちょっと複雑な人生を送っている人ならば半年くらいは書くことに困らないだろう。
しかしこれはアウトプット過多な筍生活であり、ネタは段々尽きていく。時と共にヒットを生む割合が少しずつ減っていき、ついには人生がコンテンツとして消費されつくしてしまい、身内以外には殆ど話題にならなくなる。

よほど波乱万丈な人生を送っている人以外は、このタイプのブログで長期的な人気を維持するのは難しいだろう。書くことが無くなってしまう。
**持続可能な人気ブログというのは
これはあくまで僕の観測範囲内の印象論なのだが、長期間人気を維持し続けているブロガーを見ていると、十分なインプットを維持し続けている人が多いなと感じている。
例えば、仕事で得られた専門知識を元にブログを書いている人というのは、普通に社会生活を送るだけで、関連知識を1日8時間とかそういうペースでインプットし続けているわけだし、知識を売りにしているタイプのブロガーは年間4桁とかそういう単位で本を読んでいる。
ネット上の時事問題に強い人が一日で処理する情報量なんかも常人の限界をはるかに超えている。
そうした豊富なインプットに裏付けられた結果、コンテンツ力の高い記事を定期的に書き続けることが可能になっている。
インプットとアウトプットが上手いことバランスをとれている状態だからこそ長い間人気を維持してきたんだろうなと思うわけだ。
**定期発行有料メルマガによりアウトプット過大に
ここでようやくメルマガの話に移る。
有料メルマガを発行しはじめたことにより、明らかにインプットとアウトプットのバランスを崩している人がちらほらいる。
単純にアウトプットが増えたのだから、クオリティを維持するためにはインプットをいままで以上に増やす必要があるのだが、一日の時間は限られているのでインプットを無限に増やすことはできない。生活に影響を与えない範囲で増やすという制限があるならなおさらだ。

また、定期発行の有料メルマガには、ブログとは違いほぼ義務に近い形での「締切」というものが存在する。今までインプットが充分たまり、熟成するまで待つという「質ベース」の更新を続けていた人が、一定期間内にたまった情報の範囲内で書くという「期間ベース」の更新という形へシフトしてしまう。
するとどうしても、インプットが不足してしまったり、締切合わせの間に合わせ記事が出てきてしまいがちになる。
内容的にみても、今までのブロガー経験の遺産を食い潰す形の記事であったり、よく読んでみたら、インプットに裏打ちされていないスカスカな文章になっていたりもする。これは持続可能型からたけのこ生活系へのシフトだ。
(執筆時間が増えた分、情報収集に費やす時間が減っているんだろうなと推測できる人もいたりする。この場合、執筆する記事数が増え、情報の収集時間が減るのだから、内容はどうしても浅くなる)
理屈的には、こういう状態が続くと、ブロガーとしての基礎体力がどんどん落ちていき、知識に裏付けされた濃厚な記事を書くための貯金ががどんどん減っていきそうなので恐ろしい。
定期発行の有料メルマガというのは今までよほどインプット過多であった人以外は手を出さないほうが無難なんじゃないだろうか。
ブログでは書けない濃い話を書くためにメルマガはじめたはずが、以前より薄い話ばかりになっていたりして、ブロガーとしての寿命をガリガリ削られているように見える人がいて、読んでいてちょっとつらい。