ネットの海の漂流者

インターネット上で話題になっている問題を検証しています。

*

インドで子宮頸がんワクチン「ガーダシル」を接種した120名のうち、4名が死亡というのは……

      2012/04/10

インドにおいて子宮頸がんワクチン「ガーダシル」を接種したところ、120人中4人が死亡したという情報が流れている。

これが事実であれば、ガーダシルはとんでもない高確率で副作用を引き起こす危険なワクチンということになる。

しかし子宮頸がんワクチンに関する誤報とそれを鵜呑みにしたデマ(1件追記) – デムパの日記 によると、この情報は誤訳であるとのこと。

120名の被験者のうち4名が死亡したというのは誤訳で、被験者のうち120人に有害事象が観察され、うち4名が死亡したというのが正しい情報らしい。

また被験者の死亡原因についても

その後の調査により、24,705名の被験者のうち6名が死亡し、死因はウイルス熱、溺死、自殺、マラリアに伴う貧血、蛇毒であり、ワクチン接種とは関係なかった

とあり、ワクチンの副作用とは関係がない死亡であったそうだ。

この治験の話を理由にガーダシルの危険性を訴えるのは、正しくないと言えるだろう。

 - デマ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

tweetmylovedema
My Tweet Loversはスパムという噂について

twitterのつぶやきを解析し、自分がたくさん絡んでいる人を表示する My Tweet LoversというTwitterアプリがあるのですが、このアプリはスパムなのではないか、という噂がTwitterで広がっています。
twitter検索にて「My Tweet Loversを使ってしまった方へ このアプリはスパムです」で検索すると現在1281件がHITします。
かなり拡散しているようです。


(この噂の震源地な方は現在アカウントを消してしまったようなので、名前はぼかしておきます)

さて、このアプリ、ユーザーの許可無しに勝手にアカウントをフォローしてしまうということですが、これは間違いで、ちゃんと許可を取っているようです。

My Twitter Loversのウェブサイトには「開発者をフォローする」というチェックボックスがあり、それにチェックを入れると、開発者をフォローするようです。

とりあえず、「勝手にフォロー」ではないようですね。

ちなみにフォローするユーザーはMy Twitter Lovers Tech163 Marciux の三名でこのTwitterアプリの開発者です。
彼らはこの事態についてメッセージを出しています。

https://twitter.com/Marciux14/status/22792539576

https://twitter.com/tech163_/status/22745738949

とりあえずチェックボックスのチェックを外せば彼らをフォローすることはないみたいです。
勝手に複数の人をフォローというのは、誤訳(もしくはそもそも英語の説明文を読まないこと)が原因で広がったデマとみなしてよいと思います。

スパムではないか?という件については、スパムであるとする明確な根拠はないように思えます。

ただ、TwitterのOAuthで認証をしているので、開発者に悪意があれば、いつでも貴方のかわりにつぶやくことが可能です。
もし開発者が信頼できないのならば、認証を取り消した方が無難かなと思います。

cf 「なる四時」が4時以外に発動したときのユーザーの反応 – さまざまなめりっと

**関連情報
-My Twitter BFFs/MyTweetLoversに見るOAuthアプリの危険性、利用者意識の問題について « QUOIT Blog
-Twitter、My Tweet Loverスパム騒動について|The World of Disney × Movie × My Life
-「My Tweet Lovers はスパム!( キリッ」 – 小鳥なつぶやき – はてなグループ::ついったー部

孫正義氏はなぜデマを拡散してしまったのか

孫正義氏のTwitterアカウントは2011年4月12日現在107万5163人からフォローされている。
この数値は日本語ユーザーでは最大である。
日本のTwitterにおいて最大の影響力を誇る孫氏だが、今回、東日本大震災において、Twitter上で孫氏がデマを拡散してしまい、それを見た人が拡散してしまい混乱が広がったケースが多々みられた。
今回、孫氏がなぜデマを拡散してしまうかということについて分析してみたいと思う。

**本人もデマをRTしたことは認めている

孫正義
masason
私なんて間違えてデマRTした事何度もある。これからは、確認取るのも大変⁈
これから何回逮捕されるのか⁈
確証ない時は毎回⁈⁈⁈⁈
RT @uesugitakashi: 「ネット規制強化法案」を閣議決定 http://bit.ly/f1kaAI
2011-04-11
22:48:27
link

-「原発がどんなものか知ってほしい」について、孫正義(@ masason)さんとそれ以外のかたにもっと知って欲しいまとめ
-Togetter – 「大規模フォロアー保持者 @masason 氏が華麗にデマを拡散していく様 #seiji #softbank #dema」

なども参照のこと

**分析
孫正義氏は震災発生から現在までにpostしたツイートは373回である。
@を含むツイートは293回
RTを含むツイートは276回
リンクを含むツイートは118回
となっている

項目抽出数
総tweet373
リンク118
RT276
@293

孫氏のツイートは大半は
+ソフトバンクとしての通知
+孫氏個人が誰かと話しあって得た情報を伝える
+タイムライン上で見られた話題についてのレスポンス
のどれかに分類できる

**ソフトバンクとしての通知
被災地でのiPhone無償修理や災害伝言板の情報など。
これは正確かつ素早い情報で、ソフトバンクユーザーにとっては有益な情報だ。

**孫氏個人が誰かと話しあって得た情報
被害自治体の責任者と対談した足りないもの情報など。
これも公益性が高い情報といえる

**タイムライン上で見られた話題についてのレスポンス
今回孫氏の流してしまったデマはほとんどがここに属する。
孫氏のツイートの大半は@やRTがついたものとなっており、コミュニケーションツールとしての側面が強く出ている。
リアルタイムの情報に対する孫氏のレスポンスは素早く、すぐに反応があることも珍しくない。
これは検証に時間を払っていないとも言える。

***他の情報源に当たったケースは皆無であった
孫氏はTLに流れている情報をそのまま流すことが多く、その情報に対して他の媒体で得た知識を加味したケースはほぼ無かった。
複数の情報源にあたって検証するというステップを踏んでいない可能性がある。

これは、TLに流れているデマが孫氏の所で止まる確率が低いことと、デマをそのまま拡散してしまう危険性がある事を意味する。

このような投稿姿勢は、刻々と変化する事件については極めて弱くなる。
過去に起こった出来事についての分析は「今まで得た知識と経験」でカバーできるがリアルタイムに流れる情報についての分析は、その場で調べた情報量がものをいうからだ。

震災後のようにTLに多くのデマが流れる時には、複数の情報源を比較検証したか否かが真偽判定の鍵となる。
そういう意味では、「ある程度暇じゃないと正しい情報を得ることは困難」とも言える。

**忙しすぎる
一つの問題について、いくつもの情報を比較検証するためには膨大な時間が必要となる。
それが許される人は少数派である。
検証に割ける時間の不足。
ネットにおいて著名人がデマを拡散してしまう理由の一つはそこにある。
孫氏もこの罠に嵌っているのではないかというのが僕の意見である。

流言心理
デマに強い人弱い人

東日本大震災後、インターネット上で様々なデマ・流言が流れました。
個別のデマ対しての検証も大切ですが、デマや流言そのものについての知識も重要です。
そういう訳で今回は流言について書かれた本を紹介します。

流言の社会学は流言を分類、分析しモデル化している本です。

過去にどのような流言が広がったのか、そこにはどのような心理があったのか、認知や所与の歪みはどう文類出来るか、そういったことが書かれています。

**受け手のリテラシー
さて、『流言の社会学』の中に情報の受け手に関する以下のようなモデルがあります

リテラシーが高い人は単一情報を疑い、複数の情報が出てきたら取捨選択をする。
リテラシーが低い人は単一情報に説得され、複数の情報が出てきたら迷う。
そういった話です。

**リテラシーは一定ではない
この手の問題をややこしくしているのは、人間のリテラシーは一定ではないということです。
忙しい時や疲れているときは、複数の情報を吟味する余裕など無く、真偽判断の能力が低下しますし、
自分の不安や予断を肯定する情報には甘くなりがちです。
自分の専門分野については素早く的確な判断を下せる人も、全然知らない分野ではダメダメな判断をくだすこともあります。

これを1行でまとめると、「単一の情報を鵜呑みにしてしまう状態にある人間はデマに対して極端に脆弱である」と言えます。
**人をデマに弱くしてしまうメディア
***2chニュース系板
にちゃんねるのニュース系板では、最初の書き込みにある一つのニュースを取り上げ、それについてコメントをしていくという形式をとっています。
デフォルトでは >>1 と最新数十件の書き込みのみが表示され、全書き込みをチェックするにはワンステップ踏む必要があります。
他のメディアをチェックし、比較検証を加えた人が存在しても、検証書き込みが流されて読まれないという状態です。
>>1 の影響が強すぎて他の発言者が霞んでしまうのです。
結果として「リテラシーが低い」人が目立ち、それをまとめブログが取り上げるという形が常態化しています。

***Twitter等のミニブログ
文字数制限が厳しいため、一つの書き込みに複数の情報を含ませることが難しくなっています。
その為、単一情報のみで判断してしまう人が多く見られます。
ただし、フォローしている人の中の誰かが他の情報源をチェックすると、その結果が自然に伝わってくるというメリットもあります。
(ちなみにTwitterでリテラシーが高い人を探すにはコツがあります。ある問題に対して URLを二つ以上提示している人や疑問点をあげている人はその分野のリテラシーが高い場合が多い傾向があります。)

***はてなブックマーク
以前は一人一行で感想を書く形式だったのですが、最近「デフォルトでは人気コメントと新着コメントのみ表示」する形に変更されました。
今後、単一情報のみで判断する利用者が増えてくる可能性があります。

no image
「外部電源喪失 地震が原因」について、その2

その1を読んでいることを前提として書きます。

**重要な施設には自家発電がある。
病院など、停電したら困る施設は外部からの電力が途絶したケースに備えて自家発電を用意しています。
外部電源が止まっても自家発電(内部電源)があれば全電源喪失にはなりません。
内部電源が壊れても、外部電源が生きていれば全電源喪失にはなりません。
この手の施設が停電するというケースというのは基本的には、外部と内部両方の電源が同時にやられたときになります。

この辺は原発も一緒です。

/外部電源無事外部電源喪失
内部電源無事
内部電源喪失×

福島第一原発の場合、地震によって外部電源が停止し(鉄塔倒壊等)、津波によって内部電源がやられて(13機中12機即死,その後直ぐに残り1機もダウン)全交流電源喪失状態になりました。

外部電源が停止した原因は地震であり(鉄塔倒壊)
内部電源が停止した原因は津波であり
全電源喪失の理由は両方、という事になります。

**そういった理解の上で
-外部電源喪失 地震が原因/吉井議員追及に保安院認める
を読むと
この記事はあくまで外部電源喪失について語っているに過ぎないことが分かります。
しかし、ネット上において、全電源喪失の原因は地震である、と読んだ人が少なくなかったようです。
その理由の一つに匿名掲示板にちゃんねるのニュース系スレッドの影響があります。

福島原発事故最大のアンタッチャブル…電源喪失は津波が原因ではなかった

1 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/04/30(土) 17:25:37.36 ID:kFkzTkNUO● ?2BP(8045)

外部電源喪失 地震が原因 吉井議員追及に保安院認める

 日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1
原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院
の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

 東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、
東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。
「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源
喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

 これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域に
あった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は
「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。

ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-30/2011043004_04_0.html

福島原発事故最大のアンタッチャブル…電源喪失は津波が原因ではなかった

このスレッドタイトルには2つの大きな間違いを含んでいます。
**アンタッチャブルでもなんでもない
鉄塔が地震で倒壊し送電できなくなった点ですが2011年3月19日の読売新聞に以下のような記述があります

東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所で記録した揺れの最大加速度が、経済産業省原子力安全・保安院が同原発の耐震安全の基準値として認めた数値の4分の3に過ぎない448ガルだったことが18日、わかった。

 地震の揺れは想定内だったが、高さ6メートル以上とみられる想定外の津波が、原発の安全の根幹に関わる機能を喪失させた可能性が高い。

 同原発の2台の地震計で記録された今回の地震の最大加速度は、448ガルと431ガル。東電は同原発で予想される揺れの最大値を600ガルと想定していた。しかし、東電関係者の証言によると、この揺れによって、送電線を支える原発西側の鉄塔が倒れた。その結果、自動停止した原発に送電できなくなり、1~3号機の冷却機能がストップした。

 続いて襲来した津波は海水ポンプを水没させた後、タービン建屋にぶつかり、原子炉建屋の脇を抜けて西側にある小山の麓までを水没させた。緊急炉心冷却装置(ECCS)などを動かす非常用ディーゼル電源も海水に漬かり、6号機を除き使用不能になった
(後略)

津波は想定以上、揺れは想定内…福島原発 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

地震によって外部電源が途絶したというのは、アンタッチャブルどころか一ヶ月以上前に報道された既出情報なわけです。

**外部電源途絶の話が全電源喪失喪失の話に変わっている
【Before】 外部電源喪失 地震が原因/吉井議員追及に保安院認める
↓↓↓↓
【After】福島原発事故最大のアンタッチャブル…電源喪失は津波が原因ではなかった

元記事の見出しでは「外部電源喪失」と意味内容の限定されていましたが、2chスレッドタイトルでは外部の文字が消えました。
わずかに文字の違いですが、「外部電源喪失」と「電源喪失」では受け取られ方が大違いです。
タイトルに引きずられて地震により全電源喪失したと見なす人が続出しました。

その誤解は、改変されたタイトルを2chまとめブログが継承し、それを読んだ人がTwitterに投稿することで瞬く間に広がりました。

**そもそも
電力会社の鉄塔が災害でやられるのは、特に珍しくなく、数年に一度程度の頻度で起きることです。
原子力発電所関係に限定しても21世紀に入ってから複数回起きている事故です。
2010年の衆議院経済産業委員会の議事録をさっと検索してみたところ
-2005年4月1日石川県羽咋市で高さ90メートルの北陸電力能登幹線の鉄塔が、大規模な地滑りの影響を受け倒壊し、送電できなくなったため志賀原子力発電所1号機を午前4時 30分に手動停止
-2008年の9月15日に美浜原発、鉄塔の上部折損。
等があるようです。
しかしそれらのケースでは炉心溶融には至りませんでした。

鉄塔が倒壊し外部電源が途絶したら即メルトダウンという話ではないのです。
内部電源も同時にやられたから冷却ができなくなったのです。