2012年9月11日 石原伸晃氏尊厳死発言。該当部文字おこし




報道ステーションでの石原伸晃氏の発言が問題になっています。

とりあえず、該当部を文字に起こすと以下のようになります。

古舘「ぜひ具体的におうかがいしたい。社会保障もどんどん増えています。これはある部分で切るものは切らなくてはいけない。削るものは削らなくてはいけないというお考えでいけば具体的に、高齢者の医療の自己負担を例えば、70歳から75歳までで上げる。あるいはまた、後期高齢者をどうするか。あるいはまたいろいろな自己負担のありかた、富裕層に対しては自己負担率をお年寄りは上げてもらうとか、そのあたりを具体的にうかがいたいですね。間に合わないのはわかってますからみんな」

石原「これを今度の法律では、一年かかって、国民会議で、どういうふうに負担をしようかということを決めようという枠組みになっているんです。こうすればいいという個人的な考え方はあります。しかしそれは……」

古舘「それを教えて下さい」

石原「それは個人の考え方だから、その通りなるかならないかはわから……」

古舘「だからそれを教えて下さい」

石原「私はその場所に行ったらそのお話をさせていただきます」

古舘「今は言えないんですか?例えば」

石原「40万人受給者が増えた、生活保護費。これは生活保護ビジネスみたいなものがあって、五万円以上の家賃を払ってタコ部屋みたいなところに押し込められている人はかわいそうです。東京都なんかは廉価で……5000円程度なんですけど、都営の住宅を2LDK位の、60平米位の所を供給している。こういうもので本当に困っている人達に衣食住の手を差し伸べる。そういうものに変えていけば、ナマポ……古舘さんもご存知だと思いますが……ゲットしちゃった。簡単よ。どこどこにいけば、簡単にもらえるわよ。こういうものを是正することを私は出来ると思っています。」

古舘「どれくらいそれで浮くんですか?今に比べて」

石原「私たちの試算では、マイナス八千億浮きます」

古舘「八千億ですか」

石原「その他まだあります。ただこれは単純に言うと非常に誤解をまねきますので」
「でもねぇ、それはねぇ総理をめ……」

石原「一言だけ言わせていただくと、私はね、尊厳死協会に入ろうと思うんです、尊厳死協会に。やっぱりねターミナル・ケアをこれからどうするのか、日本だけです。私は誤解を招いたんですねこの発言で。私はやっぱり生きる尊厳、そういうものですね、一体どこに置くのか、こういうことも考えていく。そこに色々な答えがあるんじゃないでしょうか。」

古舘「これは、尊厳死を認めることである程度医療費をカットするという、お金の方に行くことに誤解を受ける部分があると」

石原「そうです」

古舘「だから非常に慎重にこれからっていうことなんですね」

石原「おっしゃるとおりです。これは個人の意思ですよ。」

以上。




«
»

同じカテゴリーの新着記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

test